ここから本文です

辰吉丈一郎を20年間追い続けたドキュメンタリー映画『ジョーのあした』Blu-ray&DVD発売

CDジャーナル 6月6日(月)17時12分配信

 1989年に『どついたるねん』で映画監督デビューを果たした阪本順治による、ボクサー辰吉丈一郎の姿を20年間にわたり追い続けたドキュメンタリー映画『ジョーのあした-辰吉丈一郎との20年-』がBlu-ray&DVDとして8月3日(水)に発売されます。

 1995年、辰吉に密着した『BOXER JOE』を発表した阪本は“彼がリングを降りる瞬間まで見つめていきたい”という強い想いから定期的に同じスタッフで撮影を続けており、今回の『ジョーのあした-辰吉丈一郎との20年-』は、1995年8月から2014年11月までの20年を記録した作品。ナレーションは俳優の豊川悦司が担当しています。

 またBlu-ray&DVDには映像特典として、映画本編では使用されなかった映像を再編集し、辰吉がボクシングの技術論・精神論を語る「辰吉丈一郎ボクシングを語る」(約43分 / 監督: 阪本順治)、タイでKO負けを喫した後の2010年1月に行なわれたインタビューから“もしリングを降りた後、何をしている自分を想像できるか?”という質問に答えた「辰吉丈一郎、次の人生を語る: 雑談」(特別付録・約2分 / 監督: 阪本順治)、さらには辰吉と阪本監督が登壇した舞台挨拶と記者会見の模様なども収められています。

(C)日本映画投資合同会社

最終更新:6月6日(月)17時12分

CDジャーナル