ここから本文です

『60 Seconds!』 たったの60秒で準備!? 核シェルターでの一風変わったサバイバルゲーム【とっておきインディーVol.80】

ファミ通.com 6月6日(月)12時0分配信

●準備時間はたったの60 秒! 核シェルターでのサバイバルゲーム
 核爆弾からの生存をテーマにした、一風変わったサバイバルゲームを紹介。父親のテッドが、核爆弾から逃れ、家族とともに生き延びることが本作の目的だ。ゲームは自宅からスタートし、サバイバルに必要なアイテムを核シェルターに放り込む。問題はその時間で、核爆弾が落ちるまで、たったの60秒しかないのだ! アイテムの配置はランダムで変わるため、プレイごとに焦りまくるのがとても楽しい。家族もアイテム扱いなので、うっかり娘を保護し忘れた、なんてことのないように。
 爆弾が落ちた後のシェルターフェイズでは、アドベンチャーゲームのように進めていく。自宅で集めた食料や水を、家族とどのように分配するか、シェルターへの来訪者とどう向き合うか、突然変異した害虫が襲ってきた場合は……など、さまざまなイベントが発生。この苦境を耐え、救援が来るまで生き延びるのだ!
 扱っているテーマこそ重いが、アメコミのようなコミカルな絵柄なため、悲壮感はほぼない。一風変わったサバイバルゲームを探している人は、ぜひこの不思議なゲームに挑戦してほしい。

<60秒以内にアイテムを集め、シェルター内で生き抜こう!>

 海外産ゲームながら、標準で日本語に対応。文章がちょっと怪しかったり、改行がヘンだったりするけれど、そこはインディーゲームならではのご愛敬。遊ぶには支障のないレベルなので、英語が苦手な人も安心。

◆自宅フェイズでアイテム収集!
 まず、核爆弾が落ちるまでの60秒以内に、できるだけ多くのアイテムを集める。このフェイズは3Dで描かれ、父親であるテッドを操作して家中を探索し、アイテムを拾ってシェルターに投げ込むのだ。一度に持てるアイテム数には制限があるため、シェルターの入り口と部屋の中を何度も往復しよう。爆発には巻き込まれないように!

◆シェルターフェイズで生き残れ!
 爆弾落下後は、シェルター内の生活がイラストで描かれる。日記を読むことでゲームは進行し、さまざまなイベントにどう対処するかを決定することになる。所持しているアイテムは、自宅フェイズでシェルターに投げ込んだ物のみ。この物資を活用して、救援が来るまで家族全員の生存を目指せ!

<食料を分配しよう>
 ひとりが健康に生きるには、1日につき4分の1のスープ缶と水が必要。ただし数日ならば、飲まず食わずでも大丈夫だ。

<物資を求めて探検へ>
 爆弾が落ちた後の、外の世界を探索することも可能。ただし、行けるのは元気な人のみで、無事に生還できる保証もない。もし武器や防具があれば、探索に持たせることで生存率が上がる。

<さまざまなイベントが発生>
 シェルターの扉をノックされたり、換気口が詰まって息苦しくなったりと、トラブルに遭遇することもある。どのような結果となるかは時の運かもしれない。家族の未来を考え、慎重に判断しよう。

 自宅フェイズとシェルターフェイズを連続で遊べるのがフルモード。それぞれのフェイズだけを遊べるほか、難易度も変更可能だ。

60 Seconds!
メーカー:Robot Gentleman
対応機種:Windows
発売日:配信中
価格:980円[税込]
ジャンル:アドベンチャー

最終更新:6月6日(月)12時0分

ファミ通.com