ここから本文です

鈴木祥子がレコーディング・スタジオでイベント開催、当日の模様はCD-Rでプレゼント

CDジャーナル 6月6日(月)17時12分配信

鈴木祥子がレコーディング・スタジオでイベント開催、当日の模様はCD-Rでプレゼント

鈴木祥子がレコーディング・スタジオでイベント開催、当日の模様はCD-Rでプレゼント

 東京・銀座にある音響ハウス(www.onkio.co.jp)のレコーディング・スタジオ「第一スタジオ」を会場として、シンガー・ソングライターの鈴木祥子による企画イベント第1回〈しょうことスタインウェイの夕べ~D-Durは復活の調べ~〉が7月2日(土)に開催決定。参加申し込みはメールにて受付中、詳しくはオフィシャル・サイト(www.bearforestrecords.com)をご覧ください。

 「全オリジナル曲・全アルバムの中から二長調(D-Dur)で書かれた曲を全曲演奏する」という鈴木の企画が実演という形で実を結ぶこととなった本イベント。当日は、「大好きな音」がすると彼女が語る第一スタジオにて、ピアノの名器スタインウェイの響きと共に、宗教音楽で“復活”を意味する二長調ことD-Durで書かれたオリジナル曲(18曲)をパフォーマンス。リアルタイムでレコーディングした音源は、来場者にCD-Rとしてプレゼントすることも決定しています。また、希望者にはコントロール・ルームに席を用意するなど、“レコーディング・スタジオ”という場所を体験できる、貴重な機会にもなっています。

最終更新:6月6日(月)17時12分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。