ここから本文です

アウディ社製「2.5TFSI」エンジンが国際的な審査委員会によってベストエンジンとの認定

エコノミックニュース 6月6日(月)8時2分配信

 アウディの「2.5TFSI」エンジンが、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」は、1999年から毎年開催されているアワードで、世界65人のモータージャーナリストから構成される国際的な審査委員会が、数多くの異なるエンジンカテゴリーにおいて、ベストなエンジンに投票・評価する評議会でもある。

 今回、アウディは2.0 - 2.5リッタークラスのカテゴリーにおいて、7年連続で、この権威あるアワードを受賞していることとなった。

 アウディのエンジンに投票した審査員は、次の点で意見が一致している。以下はその受賞理由だ。

 それによると、「これほど力強い特性を備えたエンジンは、世界に数えるほどしか存在していない。しかも、この5気筒パワーユニットは、1980年代のグループBラリーカーの独特なエンジンサウンドを思い起こさせる。アウディ2.5 TFSIは、優れたパフォーマンスが印象的なだけでなく、その個性でも際立っている。この5気筒エンジンを通して、アウディは1980年代の夢を現代へと受け継ぐことに成功していると言えるだろう」

 「この5気筒エンジンは、アウディでもっとも長い伝統を持つエンジンのひとつで、今後も開発を継続してゆきます」と、AUDI技術開発担当取締役のDr. ステファン・クニゥシュは述べ、さらに「“2.5 TFSI”は、Audi RS Q3 performanceにおいて、圧倒的な牽引力、強化されたレスポンス、特徴的なサウンドによってドライバーを魅了する。新型Audi TT RSには、新開発のアルミ合金製5気筒エンジンを搭載する予定だ」とアワード受賞会場で語った。

 アワードを受賞した「2.5TFSI」エンジンは、RS Q3 performance、RS Q3およびRS 3 Sportbackに主力エンジンとして設定されている。アウディは、新しいRS performanceモデル用に、「2.5TFSI」のエンジンパワーをさらに引き上げた。メインラジエーターをさらに強化し、燃料ポンプを最適化することで、最高出力を20kW(27hp)増強したのだ。一方、最大トルクも450Nm(331.9 lb-ft)から465Nm(343.0 lb-ft)へとチューンアップしている。

 その結果、コンパクトハイパフォーマンスSUVセグメントのトップモデルとなるRS Q3 performanceは、0 - 100km/h加速をRS Q3よりも0.4秒速い4.4秒で達成。最高速度は、270km/hに達する。

 アウディが、この国際的に有名なアワードを受賞するのは、今回が12回目である。(編集担当:吉田恒)

Economic News

最終更新:6月6日(月)8時2分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]