ここから本文です

<デッドプール>マーベル・コミック異色ヒーロー映画 初日&週末興収1位

まんたんウェブ 6月6日(月)18時0分配信

 マーベル・コミックの異色のヒーローが大暴れする映画「デッドプール」(ティム・ミラー監督)が1日に744スクリーンで公開され、初日の興行収入は約1億6400万円で、土日2日間で約24万8500人を動員し、興行収入は約3億8300万円で、初日と週末の興行収入ランキングでダブルで1位となったことが6日、明らかになった。公開5日間では、49万6400人を動員し興行収入は約7億1200万円だった。

【写真特集】異色のヒーロー!「デッドプール」の名シーン

 「デッドプール」は、ヒーローの毒舌キャラと仰天のアクションシーンが留飲を下げる刺激的なエンターテインメント作。物語は特殊部隊の兵士上がりで、今は悪いやつらを懲らしめ金を稼ぐ生活を送るウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズさん)が恋人バネッサ(モリーナ・バッカリンさん)との結婚を決意した矢先、末期がんを宣告される。そこへ、がんを治せるという男が現れる。しかしそれは、余命宣告された者たちを実験台に、戦闘マシンとして肉体改造するという恐ろしいプロジェクトだった。ウェイドは被験者となり不死身の肉体を手に入れるが、大きな代償を支払うことになってしまう……という展開。

 世界では、興行収入が7億7000万ドル(約827億900万円)を超えている(いずれもBOX OFFICE調べ、6月6日現在)。

最終更新:6月7日(火)2時2分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。