ここから本文です

『こち亀』ラサール石井主演で10年ぶりに舞台化! キャラクタービジュアル&キャスト解禁

ファミ通.com 6月6日(月)14時25分配信

●驚きの再現度は健在!
 連載40周年を迎える秋本治氏の人気コミック『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、2016年9月9日(金)より、東京・大阪で10年ぶりに舞台化決定。両津勘吉役を務めるラサール石井のほか、出演者およびキャラクタービジュアルが公開された。

 解禁にともない、キャスト陣からのコメントも到着。同作は9月9日(金)~19日(月・祝)に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo、9月23日(金)~25日(日)に大阪・サンケイホールブリーゼで上演予定。

両津勘吉役  ラサール石井
初演からご出演頂いていた皆さんは、私含め、年取ったので…(笑)、本公演は私以外一新しよう!ということで、キャストをほぼ総入れ替えしてみました。
ただ、初演から中川を演じていた伊藤明賢が今回は一転、海パン刑事を演じることに!ほかのキャスト陣もかなりイメージ通りで、豪華なメンバーが集まったのでお楽しみに!!

中川圭一役 ユージ
もともと『こち亀』が大好きで、このお話を頂いた時、海パン刑事かな!と思ったのですが、まさかの中川役でびっくりでした!!
ただ、僕はお金持ちではないですけど、家柄、アメリカ育ち、体型などなど、実は中川との共通点が多くて…。これはもう適役ですね!(笑)よりいっそう中川に近づけるように、頑張ります!

秋本・カトリーヌ・麗子役 原幹恵
『こち亀』は子供の頃、毎週日曜日にアニメで見ており、翌週からの元気の源であり、生活の原動力でした!
まさかそんな作品に…しかも!?麗子役で出演できるなんて、とても嬉しく思いつつも、今からドキドキです!自分なりの麗子を作っていきつつも、皆さんのイメージを崩さないように頑張っていきたいと思います!!

向島三四郎役 池田鉄洋
念願の舞台版『こち亀』復活! 原作好きの方に声を大にしてお伝えします。この舞台化、ガッカリさせません。
ラサール石井さんの『こち亀』愛はホンモノですから。
笑えます、泣けます、震えます!
『こち亀』ファン必見の舞台です。

舞台版オリジナルキャラクター イケメン特殊捜査部隊“SOT”
RYO役 青柳塁斗
Wake(ウェイク)役 味方良介
MAKOTO役 章平
HIROSHI役 北園涼
SATOSHI役 福澤侑

●公演概要
◆公演タイトル:連載40周年特別企画 舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
◆原作:秋本治(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
◆脚本・演出・出演:ラサール石井
◆出演者:ラサール石井/ユージ 原幹恵/池田鉄洋/小林由佳 俵木藤汰 伊藤明賢/彩輝なお/新良エツ子 武者真由 河本章宏/青柳塁斗 味方良介 章平 北園涼 福澤侑/香月彩里 谷 須美子 中村景好/坂本あきら ほか
◆公演日程
・東京:2016年9月9日(金)~19日(月・祝):AiiA 2.5 Theater Tokyo
・大阪:2016年9月23日(金)~25日(日):サンケイホールブリーゼ
◆チケット:一般発売日 2016年7月24日(日)10:00~
◆チケット料金(税込):6800円(前売り・当日共/全席指定)
■主催:舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016(ネルケプランニング/集英社/ADK)
■協力:週刊「少年ジャンプ」編集部/一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会
■公演に関するお問合せ:ネルケプランニング 03-3715-5624 (平日11:00~18:00)
※舞台公式サイト
※舞台公式ブログ
※舞台公式Twitter

最終更新:6月6日(月)14時25分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。