ここから本文です

<横澤夏子>武井咲の先輩社員役でドラマ出演

まんたんウェブ 6月7日(火)6時0分配信

 お笑い芸人の横澤夏子さんが、7月スタートの連続ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(TBS系)に出演することが7日明らかになった。武井咲さん演じる主人公・栗原未亜が勤務する会社で、同じ広報部に所属する先輩社員役を務める。

【動画】横澤夏子の“出会ったことがある人”ものまね

 「せいせいするほど、愛してる」は、月刊少女マンガ誌「プチコミック」(小学館)で連載された北川みゆきさんの同名マンガが原作。ある企業の広報部で働く未亜が、副社長で既婚者の三好海里と禁断の恋に落ちる姿が描かれる。海里を「タッキー&翼」の滝沢秀明さんが演じる。

 横澤さんが同局の連続ドラマにレギュラー出演するのは今回が初めて。同作への起用を「壮大なドッキリにかかっているのではないかと思いました」と驚きつつ、「武井さんはすごく気さくで、同世代の友達みたいにお話してくれますし、滝沢さんは毎回ときめきをくださいますし。本当に撮影が楽しくて。このドラマの撮影の日は『幸せの日』って呼んでいます(笑)」と喜んでいる。

 横澤さんのほか、未亜の上司である部長・向井雅代役で神野三鈴さん、会社の社長で海里の叔父・三好嘉次役で松平健さんも新キャストとして発表された。

最終更新:6月7日(火)6時0分

まんたんウェブ