ここから本文です

【イベントレポ】オ・ウォンビン(元FTISLAND)、思い出の場所で約1年ぶりにファンと再会

WoW!Korea 6月6日(月)21時35分配信

「FTISLAND」の元メンバーで、今は映画やミュージカルなど俳優業として活躍の幅を広げているオ・ウォンビン。

【画像】「WONBIN FAN MEETING IN JAPAN」開催

 彼の最大のチャームポイントともいえる人懐っこい笑顔で多くのファンを魅了している。2015年6月以来、約1年ぶりに来日したオ・ウォンビンが、6月4日(土)に「WONBIN FAN MEETING IN JAPAN」を東京・品川プリンスホテル ステラボールで開催した。

 昼と夜の2部構成で行われたファンミーティング、今回は昼の部の様子をレポート。
午後1時過ぎ、会場が暗くなりステージ上のスクリーンにオープニングムービーが流れた。最後に「ARE YOU READY? 」という文字が映し出されるとイントロがスタート。ステージに登場するかと思いきや、客席近くのドアから登場したオ・ウォンビン。ファンの間を練り歩き、ハイタッチしながら爽やかに歌うウォンビンにファンは大興奮。「みなさん! ただいま! たくさん来てくれてありがとう! 今日も盛り上げていきましょう! 」と、日本のファンとの久しぶりの再会にうれしそうな笑顔を見せた。

 トークタイムでは久しぶりの来日についての質問に答えた。「昨日の朝、日本に来ました。一蘭(ラーメンチェーン店)のラーメンが食べたかったけど、スタッフが僕に何も言わずに他の料理を注文しちゃってたんです(笑) だから今回は一蘭のラーメンと牛丼を食べてから帰りたいです(笑)」と、日本食への愛を語った。他にも2015年に出演したミュージカル「鷹の息子」の裏話や映画「The Wind」の撮影エピソードなどを明かした。韓国・済州島(チェジュド)が舞台の映画「The Wind」、済州島の印象を聞かれると「済州島は初めて行ったんですけど、空気が良くてヒーリングできる場所だと感じました。もう一度行きたいですね」と、自然豊かな済州島に感動した様子。

 この日は、主役のジファン(オ・ウォンビン)が映画の中で歌う「Wind」も久しぶりにファンの前で披露した。「映画の中で歌った曲ですけど、自分の想いがそのまま入ると思って歌いました。曲を聴いたら映画を思い出すぐらい、映画撮影のときに感じた想いをすべて込めました」と、「Wind」に対する熱い想いをファンに伝えた。

 続いて、開演前にファンから募った質問に答えるコーナーでは計4つの質問に答えた。1問目、もし女性に生まれ変わったら何がしたいですか? という質問には、「え~、今と変わらないんじゃないかな。歌と演技をして自分の夢にまっすぐって感じかな」と、ウォンビンらしい誠実な回答。続いて2問目。好きな女性のタイプは? という質問に「女の子らしい人が好きです。無口で1歩下がって男性を持ち上げてくれるような人がいいです」と回答。MCから「ぶりっ子はどうですか? 」と聞かれると、「え~苦手ですよ~」と答えるウォンビンに「本当ですか~? 」と半信半疑なMCがウソ発見器でウォンビンを試す場面も。見事、真実という判定が出ると「ほらー! もう何でイジメるんですか(笑) 汗かいちゃったよ」と、突然のウソ発見器の登場に驚きを隠せない様子だった。

 3問目には彼女はいますか? もしくは欲しいですか? と、少し鋭い質問も。「欲しいです(笑)」と照れながら答えるウォンビン。「もし彼女が出来たら連絡はマメなほうですか? 」とMCから聞かれると、「あまり連絡しないですね。自分の時間を大切にするから、自分のやりたいことをやってから連絡します」と、恋愛に対しては結構サバサバしているようだった。4問目、もし女性だったら彼氏にしたい韓国俳優は誰ですか? の質問には、しばらく悩んだ後に「イ・スンギさんかな…」と回答。「普段から誠実な人ですよね。一緒に仕事したこともありますけど、見た目は誠実だけど面白い部分もあるから(笑) 自分に妹がいたらこの人がいいなと思いますね」と、どこまでも真面目なウォンビンにファンもうっとり。

 質問コーナーの後には、ファンとさまざまなゲームを楽しむミニ運動会、ウォンビンがファンの似顔絵を描くコーナーなど内容盛りだくさんのファンミーティングとなった。ミニ運動会ではリンボーダンスやPK戦などでファンと一緒に体を動かし、途中から上着を脱ぐほど盛り上がっていた。結果的にウォンビンチームは負けてしまい、「楽しかった! でも負けたー! 僕、負けず嫌いなんです(笑)」と、悔しそうな顔を見せた。

 イベント中盤では、一昨日レコーディングしたという新曲を初披露。「前回のファンミーティングで『次は新しい曲で会いましょう』と、ファンの皆さんと約束をしました。皆さんとの約束は果たしたいと思ったので、皆さんのために用意しました」と、日本のファンを大切に思う気持ちが伝わる1曲を歌った。他にも日本のアーティスト「レミオロメン」の「粉雪」を披露。「冬の歌なんですけど、あまり冬に(日本)に来ることがないので今回歌おうと思いました」と、優しい歌声でのびやかに歌い上げた。

 最後にMCから今後の日本での活動について聞かれると「実は日本での(レーベル)会社が決まりました。だからCDとかいろんな姿で皆さんに会えると思います」と、サプライズ発言に会場からは歓喜の声が上がった。「今日は楽しかったです。ここ(ステラボール)は、僕が最初にライブした場所で記憶があります。またファンの皆さんとお会いできてうれしかったです。皆さんのために頑張りますのでこれからも応援よろしくお願いします! 」と、100満点の笑顔でファンにイベントの感想を伝え、ファンミーティングは終了した。

最終更新:6月6日(月)21時35分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。