ここから本文です

イケてるハーツ、台湾遠征が決定。「メジャーデビューしてから不安だったから本当に嬉しい」

BARKS 6月8日(水)12時12分配信

イケてるハーツが、5月31日にAKIBAカルチャーズ劇場にて定期公演<AKIBA Stand-Up! Nights Vol.2>を開催。同公演で、6月29日リリースの2ndシングル「世界へはばたけ!」のジャケットが公開されたのに加えて、シングルタイトル「世界へはばたけ!」のとおり、7月に台湾遠征を行なうことがメンバーにもサプライズで発表された。

◆<AKIBA Stand-Up! Nights Vol.2>画像

ライブは、彼女たちの定番ソングにもなっている、アフィリア・サーガ バージョンの「空色デイズ」カバーからスタート(オリジナルは中川翔子)。しかも、普段は客席を煽っている間奏部分に新しいダンスを盛り込むなどパフォーマンスをアップデート。ファンと一緒に盛り上がるだけでなく、魅せるステージにも果敢にチャレンジして観客の視線を釘付けにする。

「Good evening everyone! Welcome to Stand-Up! Nights.」

観客の中にどれほど日本国外から人観客がいたのかは定かではないが、とにもかくにもリーダーの新ユウユ(DMM英会話公認大使)が英語で挨拶し、「さすがリーダー。」「かっこいい」と、メンバーおよび観客から歓声を集める。さらにおなじみの挨拶の後には、この日が18歳の誕生日だという越智かりんが「フランス語を勉強中なので、フランス語を話せるようになりたい。」と抱負を語り“世界にはばたく”意欲を見せた。

そして軽く振りをレクチャーした後、18歳になったばかりの“イケてるハーツの愛されバカ!”越智が「今日はみなさんでアホになりましょう!」と呼びかけて、「ハッピーエンド」へ。ファンは一斉に黄色のペンライトを点灯させて、越智の誕生日を彩った。

「シュリンプガール」、そして「蒼黒のスピカ」を情感豊かに歌い上げて、いよいよ新曲「世界へはばたけ!」へ。ハーツの最年少・虹香が「盛り上がる準備できてますか? 右手上げる準備できてますか?」と会場を煽ると、会場の熱気は最高潮に。イケてるハーツはハンズアップしたり輪を作ったりとステージ上を縦横無尽に動いて、元気なライブパフォーマンスを披露した。

MCで、まず越智が「ハッピーエンド」での観客による黄色いペンライトのサプライズ生誕企画への感謝を述べ、さらに「まなみんが前奏で『世界で一番越智かりん』って言った瞬間、涙腺がやばかった。」と振り返る越智に、なぜか越智より泣きそうになっている、越智のことが大好きな由良乃ゆの。

そんなトークをはさんで、かねてから告知されていた「世界へはばたけ!」ジャケット4種類の初公開がここで行なわれる。メンバーも初見だったというジャケット。DVDつき盤、通常盤A、通常盤B、通常盤Cと紹介されるたびに、メンバーたちは「可愛い!」と声をあげて、さらに「みなさんB盤買ってくださーい!」「A盤!」などなど、自分がフィーチャーされているバージョンの購入を促し始めるなど大騒ぎ。舞波和音が「『世界へはばたけ!』のロゴがめっちゃ可愛い」と、翼があしらわれたロゴのこだわりも指摘。橘莉衣が「すごい気づいたんだけどさ、心なしか、写真、みんなめっちゃ盛れてるね!」と言えば、由良乃が「この状態でも可愛いから!」と苦笑するなど、日本の可愛いが詰まったビジュアルに大興奮のステージとなった。

そして、最後に初披露する新曲「Believe In My Dreams」に関連して、虹香が「私の憧れであり目標でもある、元モーニング娘。の鞘師里保さんを超えるような存在になりたい。」と夢を語って拍手を浴びる。さらにリーダー新が、2ndシングル「世界へはばたけ!」の“はばたけ”ということで、秋葉原からまずは全国にはばたきたいと語ろうとした時に、会場は暗転。再び背面に設置されたモニターに映像が流れ始めてしまう。

「なになになに?」「怖い!」「聞いてない!!」と、怯えるメンバーたちの目の前に表示された「重大発表」の文字。そしてここで、メンバーの誰一人知らなかった海外遠征決定が、サプライズで発表された。

「初・台湾遠征決定!!」の文字が映し出されると、メンバーは抱き合い、さらにこのまま世界にはばたくんじゃないかというほどに跳ね合って喜びを大爆発させる。舞波和音は「私たち、海外に行きたくてしょうがなくて、でもメジャーデビューしてからいけるかどうか不安だったから、台湾が決まって本当に嬉しいです。いつも応援してくれているみーんなのお陰です。本当に感謝しかないです。行くからには成長して帰ってきたいと思います。頑張ろうね、みんな。」と、シンガポールに続く海外進出への喜びと、いつもサポートしてくれるファンへの感謝、そしてメンバーを代表しての決意を語った。

そしてラストの曲を飾ったのは、まさに“諦めなければ夢は叶う”という今のイケてるハーツを描いたような「Believe In My Dreams」を初披露。喜びと笑顔に溢れた公演を締めくくった。

なお、「世界へはばたけ!」リリースイベントも現在各地で開催中。また次回の<AKIBA Stand-Up! Nights Vol.3>は、アフィリア・サーガをゲストに迎え、6月21日に開催される。

最終更新:6月8日(水)12時12分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。