ここから本文です

ポール・マッカートニーとリンゴ・スター、モハメド・アリを追悼

BARKS 6月6日(月)11時1分配信

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが、ザ・ビートルズ時代から親交があった元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリへ追悼の言葉を寄せた。

◆ザ・ビートルズ&モハメド・アリ画像

リンゴは「モハメド・アリに神のご加護を。彼の家族へ平和と愛を」とツィート。ポールは、アリとザ・ビートルズのメンバー4人が写った写真をFacebookに投稿し、「親愛なるモハメド・アリ。 僕はあの人を愛していた」とアリを偲んだ。

「彼は、マイアミで僕らが初めて出会った日から素晴らしかった。それから後、長年に渡り、さまざまな機会で出くわしたときにも。偉大なボクサーであることに加え、彼は素敵なユーモアのセンスを持った美しい紳士だった。彼はよく、ポケットからトランプを取り出し、それがどんなに気取った場所であろうと、手品を披露してくれた。世界は本当に偉大な人を失った」

ザ・ビートルズは1964年2月18日マイアミのジムで、ソニー・リストンとの対戦を一週間後に控えたアリ(カシアス・クレイ)と対面。アリはこの試合で世界ヘビー級王者だったリストンに勝利した。

“史上最強の男”モハメッド・アリは6月3日に永眠。74歳だった。

Ako Suzuki

最終更新:6月6日(月)11時1分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。