ここから本文です

美容室発コンピ盤、kai takahashiや[.que]などが書き下ろし参加

BARKS 6月6日(月)14時44分配信

美容室『to』が8月4日、代官山/恵比寿エリアにオープンする。同店舗では、“美容室をとおして素晴らしい音楽を届けたい”というコンセプトのもと、店内BGMにもなるオリジナル・コンピレーション・アルバムを制作中だ。現在、クラウドファンディングがスタートしている。

◆コンピ盤 試聴音源

「おきゃくさまと“人” “もの”をつなげる(=to)ことで、髪をカットする短い時間を長い人生における素敵な出会いの時間にできれば」を理念に持つ『to』が制作するコンピレーション盤のテーマは、“風を感じる音楽”。このテーマに賛同したエレクトロニカ、アンビエント、ポストクラシカル、ポストロック、シューゲイザーなど、日本のアーティストが一枚のアルバムを彩る。

現在のところ参加が発表されているアーティストはyutaka hirasaka、Paniyolo、[.que](nao kakimoto)、Kato Yuichiro、enami Taisuke、kai takahashi(from LUCKY TAPES)、yoshida carlos(from indoors)といった7組だ。アルバムには各アーティストが書き下ろし新曲もしくは未発表曲を収録、全曲がオリジナルのコンピ盤として届けられる。

なお、クラウドファンディングによる同プロジェクト支援者には、“CD+『to』でカット1回無料券”や“yutaka hirasakaがあなたのために、あなただけの曲を作ります”をはじめとする、多彩なリターンが用意されているとのこと。

レーベル所属アーティスト参加による限定生産コンピレーションCDリリースは『to』オープンと同日の8月4日を予定。試聴用音源が公開されているので、ぜひお聴きいただきたい。

■『to』発オリジナル・コンピレーション・アルバム
2016年8月4日リリース予定
yutaka hirasaka
Paniyolo
[.que](nao kakimoto)
Kato Yuichiro
enami Taisuke
kai takahashi(from LUCKY TAPES)
yoshida carlos(from indoors)
and more…
クラウドファンディングURL
https://camp-fire.jp/projects/view/6269

最終更新:6月6日(月)14時44分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。