ここから本文です

ブライアン・ジョンソン、新インイヤモニターでステージ復帰に光

BARKS 6月9日(木)11時21分配信

ブライアン・ジョンソンが、ワイアレス・インイヤモニターの発明者で、インナーイヤホンのメーカーAsius Technologiesの代表Stephen Ambroseが開発したインイヤモニターを試した結果を報告した。「効果あり」だそうだ。

「パフォーマンスを止めないで。助けはすぐそこに」とブライアンへオープン・メッセージを送っていたAmbrose氏は5月後半、ブライアンと対面することができ、先週、新インイヤモニターに関するブライアンからのコメントをFacebookに投稿した。

「効果ありだ。完全に効き目があり、反論の余地はない。僕は、ここ何年もなかったレベルで再び音楽を聴くことができたことに感動し驚いた。小型化されるのが待ちきれない。そうなれば、僕は通常のコミュニケーションから騒々しいレストランへ行くとき、ステージでのライブ・パフォーマンスまであらゆるシチュエーションでこれを使うことができる」

ブライアンが望む小型化の実現にどれくらい期間がかかるのか明記されていないが、ブライアンのステージ復帰に希望の光が灯った。

Ambrose氏はひと月ほど前、ブライアンへ向けYouTubeに投稿したオープン・メッセージ映像の中で、「僕は1990年、ガンズ・アンド・ローゼズにインイヤモニターを紹介したし、アクセル・ローズの声の大ファンだが、これははっきりしておこう。僕はこの件に関してはロジャー・ダルトリーと同じだ。あなた以外の人が「Back In Black」を歌うところは想像できない」と話していた。

Ako Suzuki

最終更新:6月9日(木)11時21分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。