ここから本文です

舛添知事が調査結果受け「けじめ」 湯河原の別荘売却、宿泊費や飲食費は返金

弁護士ドットコム 6月6日(月)16時58分配信

舛添要一都知事は6月6日、自身の政治資金をめぐる一連の疑惑について、弁護士2人による調査結果を発表した。調査結果では、「政治資金規正法に違反するような違法なものはなかった」とした。一方、「一部で道義的に適切ではないものがあった」と指摘している。

調査結果を受けて、舛添知事は「けじめをつけたい」と対応を発表。宿泊費や飲食費については、個人資産から、慈善団体への寄付という形で返金する。美術品については、政治団体を解散する時に美術館などに寄付をする。

今回の疑惑の発端となった、湯河原の別荘通いについては、「大変なご心配、ご迷惑をおかけした。湯河原にいくことがあればさらに無用なご心配をおかけする」として、第三者に売却する意向を表明した。

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:6月6日(月)17時2分

弁護士ドットコム

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。