ここから本文です

<話題>サイバーセキュリティー関連に注目、専門人材が不足との調査も

モーニングスター 6月6日(月)8時30分配信

 サイバーセキュリティー関連をマークしたい。ここ数年、国を挙げた取り組みがなされてはいるが、専門人材の不足が報じられてもいる。東京五輪に向けたサイバー攻撃の激化も予想され、サイバーセキュリティーの強化は急務である。

 官公庁、企業、独立行政法人、大学などへのサイバー攻撃が増加かつ深刻化するなか、「サイバーセキュリティ基本法」が15年1月から全面施行された。今年4月には改正サイバー法が成立。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の機能強化と、サイバー攻撃に対処する専門人材の育成を目的とした国家資格「情報処理安全確保支援士」の新設が決まった。

 ただ、フィンテック(金融のIT化)、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)といった技術の進展もあり、サイバーセキュリティーの対象領域は拡大し、高い能力を有する専門人材の育成が課題となっている。先日、サイバー攻撃に対処できるセキュリティーの専門人材が2020年に20万人不足する、と報じられた。経済産業省の調査結果であるという。

 今後も、官民を挙げた対策が不可欠である。株式市場でも折に触れてテーマ化するとみられる。おもな関連銘柄を挙げておきたい。

 今月1日に、IoT機器のセキュリティーについてパナソニック <6752> との共同開発を発表したFFRI <3692> のほか、デジアーツ <2326> 、セキュア <3042> 、NVC <3394> 、ポールHD <3657> 、GMOクラ <3788> 、ラック <3857> 、アズジェント <4288> 、ソースネクスト <4344> 、トレンド <4704> 、Eガーディアン <6050> 、NEC <6701> 、富士通 <6702> などがある。

(モーニングスター 6月 3日配信記事)

最終更新:6月6日(月)8時30分

モーニングスター

チャート

パナソニック6752
1037.5円、前日比+29.5円 - 9月29日 15時0分

チャート

FFRI3692
3565円、前日比+185円 - 9月29日 15時0分

チャート

デジタルアーツ2326
2715円、前日比-8円 - 9月29日 15時0分