ここから本文です

濁流と化したセーヌ川。ドローン空撮がパリの増水を捉えた

sorae.jp 6月6日(月)9時28分配信

先週から続く大雨のために、大幅に水位が上昇したセーヌ川。この大雨による増水のためドイツでは死者が報告されるなど、さまざまな被害が出ています。またセーヌ川が街の中心を横切るパリでは、ルーブル美術館やオルセー美術館が休館するなどの影響が出ています。(動画URL:http://www.dailymotion.com/video/x4ed2lp_la-crue-de-la-seine-filmee-par-un-drone_news)

今回の動画はパリ警視庁が撮影した、「ドローンで撮影したセーヌ川の増水」の様子です。動画を見ると、増水は河川の土手などの周辺施設を飲み込んでいますが、市街地には大きな影響は与えていないようです。
 
ただし報道では、セーヌ川沿いを走るRER(パリ高速鉄道)の一部の運行が中止されているそうです。また南部のヌムール市では市民が3,000人避難するなど、地域によって被害の状況は異なります。
 
このようにセーヌ川は一時水位が5m以上も上昇するなど、一部地域で氾濫、または洪水の恐れがありました。ただし、現在はバルス首相が「パリでは水位が低下に向かっている」と発言するなど、徐々に事態は収束に向かっているようです。
 
ヨーロッパは初夏を迎え気持ちいい気候が続いていますが、川沿いの街を訪れる際にはお気をつけ下さいね。

最終更新:6月6日(月)9時28分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]