ここから本文です

高橋悠介、伊藤雄哉、鈴木昂らが予選突破 [有明/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月6日(月)0時59分配信

「橋本総業 東京有明国際オープン」(東京都江東区・有明テニスの森公園テニスコート/本戦6月6~12日/賞金総額1万ドル/ハードコート)の予選2日目は、シングルス予選決勝8試合が行われた。

内山靖崇は単複2冠ならず、18歳のイ・ダクヒが日本で3度目の優勝 [F6軽井沢フューチャーズ]

 上位シード勢は第1シードの高橋悠介(フリー)、第2シードの伊藤雄哉(荏原湘南スポーツセンター)、第4シードの鈴木昂(SARI)、第5シードの守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)が本戦入りを決めたが、第3シードの徳田廉大(フリー)、第6シードの小林雅哉(早稲田大学)、第7シードの笹井正樹(ホープテニスアカデミー)、第8シードの竹島駿朗(Team REC)は敗れた。

 6月6日(月)から本戦がスタートする。初日は10時00分から、シングルス1回戦8試合が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

【シングルス予選決勝】

◯1高橋悠介(フリー)[1] 6-4 6-0 ●3上杉海斗(慶應義塾大学)

◯5伊藤雄哉(荏原湘南スポーツセンター)[2] 6-3 6-0 ●7大和田秀俊(フミヤエース市川テニスアカデミー)

◯11野口莉央(湘南工科大学附属高校)[WC] 6-4 6-2 ●9徳田廉大(フリー)[3]

◯13鈴木昂(SARI)[4] 6-4 6-3 ●15田代悠雅(トップラン)

◯17守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)[5] 6-3 6-3 ●19中村錬(フリー)

◯24オー・チャンヨン(韓国)[16] 6-2 3-6 6-3 ●21小林雅哉(早稲田大学)[6]

◯28佐野紘一(伊予銀行)[12] 6-3 7-5 ●25笹井正樹(ホープテニスアカデミー)[7]

◯32松村亮太朗(Let's play)[15] 7-5 6-1 ●29竹島駿朗(Team REC)[8]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月6日(月)0時59分

THE TENNIS DAILY