ここから本文です

アンバー・ハード、ジョニー・デップの友人を訴える!

ELLE ONLINE 6月6日(月)20時30分配信

アンバー・ハードが訴えたのは、ジョニー・デップの友人だというコメディアンのダグ・スタンホープ。「DVはアンバーの嘘」で「ジョニーを脅迫するため」だとコラムを書いたことに対して、「それはまったくの嘘であり中傷」と主張しているそう。

ジョニーのDVを巡っては、もうひとつ新たな動きが。先週アンバーとジョニーのアシスタントがやり取りしたテキストメッセージの画像が流出、アンバーが婚約直後からジョニーのDVに苦しんでいたことを裏付ける証拠として注目を浴びていたけれど、アシスタントがこのメッセージは偽物だと証言しているそう。

さらにジョニーのボディガードもジョニーの無実を証言。新聞「デイリーメール」紙に「アンバーの話は真実ではない。ジョニーの評判を傷つけるためにでっち上げ、犠牲者のふりをしている」と話したとか。

一方、ジョニー本人はアンバーの告発もどこ吹く風、という様子。先週、自身のバンドのツアーでデンマークを訪れたジョニーはクラブで夜遊びしていたそう。ボディガードの制止も聞かずにクラブの外に出てファンたちと写真を撮り、クラブ内では謎のブロンド女性と「お酒とタバコをガンガン楽しんでいた」とか。関係者によると「女性とジョニーは以前からの知り合いのように見えた」そう。

家庭内暴力の真偽を含め、これからの裁判で夫婦生活の実態が明らかにされるはず。今後の展開にも注目したい。(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6月6日(月)20時30分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。