ここから本文です

すっぴんは…。青学大ラグビー部史上初女子選手・江渕まこと、秩父宮を駆ける。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6月6日(月)10時34分配信

 Rugirl-7の初優勝で幕を閉じた太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2016東京大会(6月4日、5日/秩父宮)。頂点に立った者以外もそれぞれが持ち味を発揮し、チーム間の実力差が小さくなったことを感じさせる大会だった。
 一人ひとりのバックグラウンドが違う。それが女子ラグビーの魅力のひとつでもある。選手たちと話してみれば、その情熱に引き込まれることも少なくない。今回も独自の道を歩む選手に会った。

歓喜の初優勝。Rugirl-7、太陽生命ウィメンズセブンズ東京大会を制す

 単独チームでは出場できないチームの選手を中心に構成されたチャレンジチーム。彼女たちは2日間で2勝を挙げ、ボウル準優勝という成績を残した。そのメンバーの中に、青山学院大学ラグビー部に所属している選手がいた。福岡高校から今春入学した江渕まことは、創部93年の歴史を誇る同大学ラグビー部史上初の女子部員(プレーヤー)だ。日頃の練習を男子部員とともにおこない、試合経験は東京フェニックスRCにて積んでいる(今回はフェニックスの登録メンバーに選ばれず)。将来の目標は「15人制の女子日本代表になる」ことだ。

 福岡高校1年の終わりにラグビー部の門を叩いた。それまでは陸上部。100mハードル走、砲丸投げに取り組んでいた。和白中時代はハードルでこそ夢は叶わなかったものの、リレーで全国大会へ出場。しかし高校入学後は、猛練習だった中学時代との空気の違いに悩み、「このまま続けていても…」と決断。楕円球の道に入った。
「体をぶつけることが好きだったんです。それと、夢乃(野田/現・立正大で福岡高校時代の同期/15人制女子日本代表)は昔から(ラグビーで)有名で、高校でも表彰を受けたりしていました。それを見て、女子でもラグビー部に入れるんだと知って、入部しました」
 父・茂友さんはサニックス(現・宗像サニックス)の初代主将。それは運命だったのかもしれない。

 男子と一緒に練習した高校時代。走り、ぶつかり、練習試合にはPRとして出場した。
「大学でも、(監督に)入っていいよと言われるだけでなく、自分からどんどん練習に加わるようにしています。高校時代は1、2年生とならコンタクトの練習も普通にできていたのですが、大学生は体の大きさもパワーも全然違いますね」
 そう話す表情は明るかった。より高いレベル、強い強度で練習できる環境が嬉しくてたまらないのだ。高校時代はスクラム練習も試合も3番を志願し、最前列でプレーしていたが、大学のスクラム練習では1番に入っている。

 PRで日本代表になりたい。すべての行動を、その思いが貫いている。
 進学先を選ぶときもそうだった。高校3年時に志望校を決めるとき、各大学のラグビー部に連絡した。
「女子でもラグビー部に入れますか?」
 そうやって決めたのが青学大だった。
「将来は日本代表になりたいので、戦う相手は外国の選手です。だから、普段から男子と一緒に練習していないと強くなれないな、と考えました」
 気合い十分。自身の持ち味を「体を当てるプレー」と語る江渕は、秩父宮でもハードタックルを連発し、相手を引きずって前へ前へと出続けた。
「(周囲にはラグビースクールからラグビーをやっていて)パスやステップが得意で、うまい選手はたくさんいます。私はコンタクトやマインドの面で勝負したい。初心者なりにやれることはあるはずですから」

 高校卒業時、2年時まで監督を務めていた森重隆氏(現・日本ラグビー協会副会長/元日本代表主将)から手紙をもらった。そこには、「男子顔負けのタックルで盛り上げてくれてありがとう。いつも感動していました」と記してあった。目標とする選手は日本代表の最強ペネトレーター、アマナキ・レレィ・マフィ。屈強の体を得るためにも一人暮らしの自炊生活は、専門家のアドバイスを受け、栄養のバランスを考えておこなっている。
 迷いなく目標に向かって歩を進める18歳。目下の悩みはただひとつだけだと笑った。
「アオガクですから、学内の女子たちはお化粧バッチリなんですよ。だから私も、すっぴんというわけにはいかないんです」
 キャンパス内では、戦う顔はしまっている。

最終更新:6月6日(月)10時34分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]