ここから本文です

さかなクン、所沢で魚教室 深海魚や魚の生態、ギョギョッと解説

埼玉新聞 6月6日(月)10時20分配信

 タレントのさかなクンが深海魚や魚の生態について紹介する「ギョギョッとお魚教室」が、埼玉県所沢市の所沢航空発祥記念館で開かれた。イラストを描きながら軽妙なトークで来場者を楽しませた。

 同館の大型映像館で上映中の「深海の巨大モンスター『ダイオウイカ』」の関連イベント。当日2回のイベントで各180人を募集し、会場はともにほぼ満席となった。

 東京海洋大学の名誉博士でもあるさかなクンは、深海魚のチョウチンアンコウ、外観が特徴的なメンダコなどをテーマに客席に向けて、イラストを描き進めながら解説。「ギョギョ、チョウチンアンコウの雄のサイズは雌よりも小さい」「こんなキュートなメンダコを一度見たら病みつき、ギョギョギョ」と独特な言い回しで会場を笑いに包んだ。

 魚のために日常できることとして「お風呂の残り湯は冷ましてから流す」「食べ物は感謝して食べる」ことなどを提案していた。

 会場には子ども連れの親子の姿も目立ち、焼き魚はサケが好物という吉川市の小学2年の女児は「さかなクン、たくさん教えてくれてありがとう。面白かった」と話していた。

 同館は30日まで、さかなクンのイラスト展を開催中。

 問い合わせは、同館(電話04・2996・2225)へ。

最終更新:6月6日(月)10時20分

埼玉新聞