ここから本文です

ジョコビッチが頂上決戦を制して生涯グランドスラム達成 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月6日(月)1時22分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の男子シングルス決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのアンディ・マレー(イギリス)を3-6 6-1 6-2 6-4で下して大会初優勝を果たした。試合時間は3時間3分。

決勝は世界1位ジョコビッチと2位マレーの対決 [全仏オープン]

 ジョコビッチは全仏初制覇で、男子では史上8人目となる生涯グランドスラムを達成した。また、昨年のウィンブルドンから数えるとグランドスラム4大会連続制覇となり、オープン化以降では1969年に年間グランドスラムを達成したロッド・レーバー(オーストラリア)以来となる偉業を成し遂げた。グランドスラム通算12勝は、1960年代に活躍したロイ・エマーソン(オーストラリア)に並ぶ歴代4位タイの記録となる。

 ジョコビッチとマレーは、ともに5月に誕生日を迎えた29歳。グランドスラムの決勝はこれが7度目の顔合わせだったが、ジョコビッチが2011年、13年、15年、16年の全豪オープンに続いてタイトルを獲得した。マレーは2012年全米オープンと2013年ウィンブルドンで優勝している。

 この決勝後、ふたりの対戦成績はジョコビッチの24勝10敗となった。両者は前哨戦のマドリッドとローマ(ともにATP1000/クレーコート)の決勝で対戦し、マドリッドはジョコビッチが6-2 3-6 6-3で、ローマではマレーが6-3 6-3で勝ってタイトルを分け合っていた。昨年の大会では準決勝で対戦し、ジョコビッチが6-3 6-3 5-7 5-7 6-1が4度目の決勝進出を決めていた。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 05: Novak Djokovic of Serbia celebrates victory during the Men's Singles final match against Andy Murray of Great Britain on day fifteen of the 2016 French Open at Roland Garros on June 5, 2016 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:6月6日(月)1時48分

THE TENNIS DAILY