ここから本文です

ジョコビッチ、ハートに大の字は元全仏王者「グーガ」の真似<男子テニス>

tennis365.net 6月6日(月)3時22分配信

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会最終日の5日、男子シングルス決勝戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が大会初優勝を飾り、史上8人目となる生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会で優勝)の快挙を達成した。

ジョコビッチ あわや失格処分

最後は第2シードのA・マレー(英国)のボールがネットにかかり、ジョコビッチはその場で大の字になり喜びを表現。

さらにマレーと握手した後にはラケットを手にしてレッドクレーのコート上に大きなハートを描き、再び大の字になって喜びを爆発させた。

赤土にハートを描いて大の字になるのは、「グーガ」の愛称でG・クエルテン(ブラジル)を真似たものだった。

1997・2000・2001年の全仏オープンを制している元世界ランク1位のクエルテンは2001年の優勝時に、今回ジョコビッチが行ったことと同じ表現をしていた。

ジョコビッチは今回の優勝でグランドスラム4大会連続のタイトル獲得となった。これは1969年にR・レーバー(オーストラリア)が年間グランドスラムを達成して以来のこと。

さらに1年に四大大会全てを制覇する年間グランドスラムのチャンスも掴んだ。

tennis365.net

最終更新:6月6日(月)3時26分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。