ここから本文です

フンメルス、EURO最初の2試合は欠場へ「北アイルランド戦ではプレイできる」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月6日(月)16時30分配信

序盤が肝心だが

ドイツ代表DFマッツ・フンメルスのEURO2016は3試合目からとなりそうだ。

先月に行われたDFBポカール決勝で負傷して以来、実戦ではプレイできていないフンメルス。開幕には間に合いそうにないという見方は間違いではないようだ。同選手が自身の状態について独『Bild』で明かしている。

「フランスに行っても、しばらくは走っているだろう。ボールを使った練習はそれからだ。1戦目のウクライナ戦、2戦目のポーランド戦に間に合うとは思わない。3戦目の北アイルランド戦ではプレイできると思う。EUROでは5試合プレイできればいいね」

グループリーグでは言うまでもなく序盤が肝心なだけに、フンメルスの欠場はドイツにとって痛いだろう。同選手も3試合目までに決勝トーナメント進出をチームが決めてくれることを祈っているはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月6日(月)16時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。