ここから本文です

広島鈴木、3試合ぶり出場で5安打 緒方監督「次からは、また出てもらう」

Full-Count 6月6日(月)10時6分配信

本塁打が出ればサイクルも…本人気づかず「サイクルだったんですか?」

 広島の鈴木誠也外野手が、3試合ぶりのスタメン出場した5日のソフトバンク戦で5打数5安打の活躍でチームの勝利に貢献した。本塁打が出ればサイクルヒットだったが、試合後の鈴木は報道陣の指摘に「サイクルだったんですか?」と、記録に気づいていなかったことを明かした。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 2回にライトオーバーの三塁打を放つと、5回にレフト線への二塁打、7回にはレフト前にヒットを放った。他の打者がソフトバンク先発の武田に完璧に抑えられる中、1人で3安打を放った。

 武田については「2軍で対戦したことがあったので、イメージはできていた。カーブもいいし、真っ直ぐも速い」と評したが、「なんとか食らいつこうと思った」という打撃で、結果を残した。

緒方監督も評価、「ここ2試合、試合に出られない悔しさを見せてくれた」

 本塁打が出ればサイクルヒット、という9回の打席は、一発が出ればサヨナラの場面でもあった。「2アウトだったので、長打を狙っていた」という一打は、レフトの頭を超えるライナー性の大きな当たりとなった。

「打球が低かったけど、入れと思って走った」という打球は、惜しくもレフトフェンス直撃の二塁打となった。「石井コーチから一発で決めてこいと言われていた」と鈴木は振り返ったが、肝心の記録については「気づいていませんでした」と、悔しそうな表情も見せた。

 緒方監督は「今日は誠也がよかったね。ここ2試合、試合に出られない悔しさを見せてくれた。次の試合からは、また出てもらうことになると思う」と、交流戦に入り、やや沈滞気味の打線の起爆剤として期待した。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:6月6日(月)10時12分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。