ここから本文です

対象になる方も多い 新しい医療費控除制度「スイッチOTC薬控除制度」とは?

マネーの達人 6月6日(月)5時28分配信

平成28年度税制改正により、「スイッチOTC薬控除制度」が創設されました。

これは、国が医療費を抑制するために、病院の処方箋はなく薬局などで医療薬を直接購入するのを後押しするために創設されました。

制度の概要

一定の取組みを行う人が平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、スイッチOTC医薬品を購入した場合に購入金額が1万2000円を超える場合には、その超える部分の金額を所得から控除することができます。

ただし、最高で8万8000円まで(つまり10万円までの購入)となります。

一定の取組みとは?

(1) 特定健康診査(メタボ健診)
(2) 予防接種
(3) 定期健康診断(事業主健診
(4) 健康診査(人間ドック等)
(5) がん検診

の5つをいいます。

つまり、日頃から健康に気遣っている方が対象となります。

スイッチOTC医薬品とは?

スイッチOTC医薬品とは、医療薬から市販薬(OTC)に転用(スイッチ)された医薬品をいいます。

OTCとは「Over The Counter」の略で、薬局などのカウンター越しに(処方箋なしで)購入できる薬という意味です。

具体的な品目例は下記の通りとなります。

いかがでしょうか? 使用したことのある薬も多いかと思います。

今後は薬局やドラッグストアでも、どれがスイッチOTC医薬品に該当するか、分かりやすく表示することが必要になってくると思います。

現行の医療費控除との関係

現行の医療費控除とは選択適用ですので、どちらか一方しか適用できませんので注意が必要です。

現行の医療費控除でも医薬品は対象ですが、足きりがあるため基本的に購入金額が10万円を超えないと医療費控除を適用することは出来ません(所得が200万円以下の方は「所得×5%」までが足きり金額となります)。

スイッチOTC薬控除制度では下限が1万2000円ですので、特にスイッチOTC医薬品を年間1万2000円~10万円まで購入する人には得になりそうな制度です。

月1000円以上ですので、対象になる方は多いと思いますので積極的に活用しましょう。

また、現行の医療費控除と同様に領収書の添付は基本的に必要ですので、ちゃんと保管するようにしておきましょう。(執筆者:神戸 直紀)

最終更新:6月6日(月)5時28分

マネーの達人