ここから本文です

TOKIO・松岡昌宏の大工仕事に「さすが」の声も、TOKIOの中では下から「2番目くらい」と告白。

E-TALENTBANK 6月6日(月)19時46分配信

テレビ東京系「イチゲンさん“おはつ”できますか?」で、TOKIOの松岡昌宏が大工仕事に挑戦、絶賛を浴びるシーンがあった。

この日、「大工のガチンコバトル」としてテーマとなったのが、釘や金具を使わず2本の木を加工して組み合わせる伝統技法である「継ぎ」に重しを吊るして、先にその木が折れたら負け、という完全ノックダウンバトルだ。

このバトルに当たって、番組MCの松岡が「継ぎ」をスタジオで体験することに。松岡は、スタジオに登場した加工された2本の木材を戸惑うことなく手に取り、説明しながら木槌で上手に嵌めていき、あっという間に完成した。その手際の良さに同じくMCの博多大吉は「早い」と思わず笑ってしまうほど。スタジオからは、感嘆の声と大きな拍手が起こっていた。

その声に「一つ言っておきますけど、TOKIOの中で俺、これ(継ぎ)の担当、大体(下から)2番目くらい」と告白。さらに松岡が「山口(達也)さんが得意とするところですから」と語ると、大吉は「TOKIOさんって工務店やった方が(いいんじゃないですか)?」と突っ込まれていた。

この様子に視聴者からは、Twitterで「大工のバトルやってるけど、松岡くんの食い付きが凄い(笑)」「松岡くん継ぎの手つきが慣れてる。大吉さんの言う通り、TOKIO工務店やったほうが、、、笑」「松岡くんさすがの手際の良さなのに、大工仕事の得意さはTOKIOで下から2番目とかww」「松岡くんすっげえええええええ」「継ぎ対決っていう地味めな対決でも松岡くんがいるだけで面白い。」「TOKIOの中では継ぎ担当ではないけどさも当然のように説明も無しに継ぎが出来る松岡くん。」「いくら嵌めるだけとはいえあっさり継ぎをやる松岡くんさすが」という声が上がっていた。

最終更新:6月6日(月)19時46分

E-TALENTBANK