ここから本文です

フランス人ペア、ガルシア/ムラデノビッチが優勝 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月6日(月)12時0分配信

 フランス・パリで開催された全仏オープン(5月22日~6月5日)の大会最終日。

 カロリーヌ・ガルシアとクリスティーナ・ムラデノビッチのフランス人ペアが女子ダブルスで優勝し、熱狂するフィリップ・シャトリエ・コートの観客たちの前で、母国に希少な勝利をもたらした。

 第5シードのガルシア/ムラデノビッチは第7シードのエカテリーナ・マカロワ/エレナ・ベスニナ(ともにロシア)を6-3 2-6 6-4のフルセットの末に下した。ロラン・ギャロスの女子ダブルスで、最後にフランス人ペアが優勝したのは1971年。1970年に優勝したフランソワーズ・デュールとゲイル・シャンフローのペアが、2年連続で優勝していた。

女子ダブルスはガルシアとムラデノビッチのフランスペアが地元優勝 [全仏オープン]

 ガルシア/ムラデノビッチの前に、フランス人選手が女子ダブルスで優勝したのは2000年で、メアリー・ピアスがいる。ピアスはスイスのマルチナ・ヒンギスとペアを組んでトロフィーを掲げた。また1976年にも、ゲイル・ロベラ(ゲイル・シャンフローと同一人物)がウルグアイのフィオレラ・ボニセリと組んで優勝している。

 フランスのナタリー・ドゥシィは、イスラエルのアンディ・ラムと組んで2007年のミックスダブルスで栄冠をつかんだ。以来、ミックスダブルスのフランス人選手の優勝はない。ペアのどちらもフランス人というミックスダブルスの優勝は、2004年のタティアナ・ゴロビンとリシャール・ガスケのペアになる。

 男子ダブルスでは、ジュリアン・ベネトーとエドゥアール・ロジェ バセランのフランス人ペアが2014年に優勝を遂げた。彼らは1984年のヤニック・ノア/アンリ・ルコントの優勝以来となる、30年ぶりのフランス人ペアだ。

 ノアは1983年に男子シングルスで優勝しており、以来、同種目のフランス人優勝者はいない。また、女子シングルスでは2000年にピアスが優勝している。

 ムラデノビッチは2009年にジュニアの部のシングルス・タイトルを獲得している。

 ちなみに、この日はフランス人にとって幸運な一日となった。
 女子ダブルスの優勝に続いて、ジュニアの部の男子シングルスでも、フランスのジョフレイ・ブランカノウが3つのマッチポイントを凌いだあと、第11シードのフェリックス・オーガー アリシアム(カナダ)を1-6 6-3 8-6で倒して優勝を果たしたのだ。

 ガルシア/ムラデノビッチは、年初からペアを組むようになった。この全仏の前にマドリッドを含む3大会で優勝し、そのすべてがクレーコートの大会だった。今回の勝利は、なにより8月に開催されるリオデジャネイロ五輪に向け、よい前兆となりそうだ。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: PARIS, FRANCE - JUNE 05: Kristina Mladenovic and Caroline Garcia of France celebrate victory during the Ladies Doubles final match against Elena Vesnina and Ekaterina Makarova of Russia on day fifteen of the 2016 French Open at Roland Garros on June 5, 2016 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:6月6日(月)12時0分

THE TENNIS DAILY