ここから本文です

モラッティとインテルの21年に幕 インテル、蘇寧グループが過半数株式を取得

theWORLD(ザ・ワールド) 6月6日(月)18時45分配信

会長の任期中に16のトロフィーを獲得

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは6日、中国の家電量販最大手、蘇寧グループに2億7000万ユーロ(約330億円)で買収された。蘇寧は68.55%の株式を取得する。

現会長でインドネシア人実業家のエリック・トヒル氏は31%の株を保持し引き続き会長としてクラブ残るが、元会長マッシモ・モラッティ氏の持ち株はすべて売却され、インテルとの関係が完全に消えるという。伊『Gazzetta dello Sport』が伝えている。モラッティ氏は1995年に会長に就任。親子2代に渡って会長としてインテルを支えてきたが、その21年の歴史に幕を閉じた。

蘇寧グループは中国スーパーリーグに所属する江蘇蘇寧を保有しており、元チェルシーのブラジル代表MFラミレスやシャフタール・ドネツクのアレックス・テイシェイラら実力者を獲得し、話題となっていた。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月6日(月)18時45分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。