ここから本文です

ひき逃げの疑い、致命傷負わせた2人目の男逮捕 容疑を否認/越谷署

埼玉新聞 6月6日(月)23時14分配信

 埼玉県越谷市で4月、男性が車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、県警交通捜査課と越谷署の合同捜査班は6日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、川崎市川崎区中瀬2丁目、会社員の男(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は、今年4月21日午前4時40分ごろ、越谷市谷中町1丁目の国道4号バイパス交差点で、大型トラックを運転中、路上に倒れていた越谷市赤山町、無職矢野秀俊さん=当時(78)=をはねて死亡させ、そのまま逃走した疑い。

 同課によると、矢野さんは横断歩道を歩行中、別の乗用車にはねられ、路上に転倒。その数分後、大型トラックにはねられ、致命傷を負ったという。県警は4月22日、最初に矢野さんをはねた疑いで越谷市の会社員の男=危険運転致傷とひき逃げの罪で起訴=を逮捕し、ほかにも関与した車両があるとみて捜査を継続していた。男は「人をひいた記憶はありません」と容疑を否認しているという。

最終更新:6月6日(月)23時24分

埼玉新聞