ここから本文です

18歳高橋悠介、第1シード吉備雄也下して初戦突破<男子テニス>

tennis365.net 6月6日(月)19時15分配信

橋本総業 東京国際オープン

男子テニスツアーの下部大会である橋本総業 東京国際オープン(東京/有明、ハード、1万ドル)は6日、シングルス1回戦が行われ、18歳で予選勝ち上がりの高橋悠介(日本)が第1シードの吉備雄也(日本)を6-1, 6-3のストレートで下し、2回戦進出を果たした。

この試合、4度のダブルフォルトを犯した高橋は吉備に2度のブレークを許すも、それを上回る6度のブレークに成功し、1時間11分で勝利した。

現在18歳の高橋は、2014年のダンロップ全日本ジュニアテニス選手権で優勝するなどの実績を持つ。5月の中国フューチャーズ(中国/武漢、ハード、1万ドル)では、準優勝を飾る活躍を見せた。

同日行われた試合では、田沼涼太、志賀正人(日本)、竹内研人(日本)、綿貫裕介(日本)、伊藤雄哉、小ノ澤新(日本)が2回戦進出を決めるも、菊池玄吾(日本)、甲斐直登、守谷総一郎 、岡村一成(日本)、竹島駿朗(日本)、越智真(日本)、大西賢(日本)は初戦敗退となった。

tennis365.net

最終更新:6月6日(月)19時15分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。