ここから本文です

今夏のヴェンゲルは強奪王! バーディ、マフレズ、ムヒタリヤンらスーパースターを次々獲得へ

theWORLD(ザ・ワールド) 6月6日(月)19時30分配信

一気に各クラブの主力を?

彼らはレスターの解体を進めている。加入が目前と報じられるイングランド代表ジェイミー・バーディに続き、アルジェリア代表リヤド・マフレズのアーセナル移籍も加速している模様だ。

2015-16シーズンのアーセナルは前半戦の勢いを最後まで持続することはできず、息切れを起こしてしまった。怪我人の多さや、ムラのあるパフォーマンスが彼らの勢いを奪い、最終的にはレスターに勝ち点10差を付けられシーズンをフィニッシュ。一方の王者はといえば、36試合出場で24得点を奪取した絶対的エース、バーディを筆頭に、マフレズの魔法のようなプレイやエンゴロ・カンテの執拗な守備といった要素が絶妙に融合していた。英『THE Sun』によるとそんな上昇気流に乗るレスターから、アーセナルはマフレズを引き抜こうと画策しているという。同メディアはアーセナルがマフレズを獲得できた場合には、同じく快速ドリブラーのセオ・ウォルコットをウェストハムに売却することになるだろうと伝えた。また独『Bild』は以前よりドルトムントのヘンリク・ムヒタリヤンもアーセナル移籍に傾きつつあると伝えており、ガナーズサポーターにとっては夢のようなスカッドが完成することになるかもしれない。

かねてよりマーケットにおける消極的な姿勢が批判の的となっていたアーセナル。今夏は生まれ変わった“引き抜く側としての”彼らを見られることになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月6日(月)19時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合