ここから本文です

高橋悠介と伊藤雄哉がシードを破って2回戦へ [有明/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月6日(月)20時52分配信

「橋本総業 東京有明国際オープン」(東京都江東区・有明テニスの森公園テニスコート/本戦6月6~12日/賞金総額1万ドル/ハードコート)の本戦が始まり、初日はシングルス1回戦8試合が行われた。

プロ1年目の高橋悠介はフューチャーズ初優勝ならず、ダブルスは小ノ澤/志賀が準優勝 [中国F6フューチャーズ]

 予選を勝ち上がった高橋悠介(フリー)と伊藤雄哉(荏原湘南スポーツセンター)が、ともにシードを倒して2回戦に駒を進めた。高橋が第1シードの吉備雄也(ノア・インドアステージ)を6-1 6-3で、伊藤は第5シードの越智真(江崎グリコ)を6-4 6-1で破っている。

 そのほかのシード勢は、第2シードのエバン・キング(アメリカ)、第3シードの竹内研人(北日本物産)、第7シードの綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)が初戦を勝ち上がった。

 6月7日(火)は10時00分から、シングルス1回戦8試合とダブルス1回戦5試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり、LLはラッキールーザー

     ◇   ◇   ◇

【シングルス1回戦】

◯2高橋悠介(フリー)[Q] 6-1 6-3 ●1吉備雄也(ノア・インドアステージ)[1]

◯11志賀正人(GODAIテニスカレッジ)7-5 6-4 ●12守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)[Q]

◯18伊藤雄哉(荏原湘南スポーツセンター)[Q] 6-4 6-1 ●17越智真(江崎グリコ)[5]

◯19小ノ澤新(イカイ)6-4 6-7(3) 6-0 ●20大西賢(ノア・インドアステージ)

◯24竹内研人(北日本物産)[3] 6-2 6-3 ●23岡村一成(ストライプインターナショナル)

◯25綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)[7] 7-5 6-4 ●26竹島駿朗(Team REC)[LL]

◯27田沼諒太(ワールド航空サービス)6-4 6-3 ●28甲斐直登(自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ)[WC]

◯32エバン・キング(アメリカ)[2] 6-4 6-4 ●31菊池玄吾(Team REC)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月6日(月)20時52分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。