ここから本文です

奈良くるみの複は第4シードに敗退 [ノッティンガム/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月6日(月)23時25分配信

「AEGONオープン・ノッティンガム」(イギリス・ノッティンガム/6月6~12日/賞金総額25万ドル/グラスコート)のダブルス1回戦で、チャーラ・ブイヤカカイ(トルコ)/奈良くるみ(安藤証券)は第4シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ヤン・ジャオシュアン(中国)に3-6 2-6で敗れた。試合時間は58分。

奈良、テニス人生最大のスランプ乗り越え、3年連続初戦突破 [全仏オープン]

 奈良はシングルスにも出場しており、1回戦でラッキールーザーのタミラ・パシェック(オーストリア)と対戦する。

 この大会の予選には桑田寛子(島津製作所)と青山修子(近藤乳業)が出場していたが、第7シードの桑田が1回戦でオルガ・サブチュク(ウクライナ)に6-7(7) 1-6で、青山は予選決勝でタラ・ムーア(イギリス)に2-6 2-6で敗れ、ともに本戦入りを逃している。

 青山はレナタ・ボラコバ(チェコ)とのペアでダブルスにエントリーしており、初戦の対戦相手はナオミ・ブローディ(イギリス)/アナスタシア・セバストワ(ラトビア)となっている。

 AEGONオープン・ノッティンガムはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

日本人選手予選結果

【予選決勝】

○26青山修子(近藤乳業)2-6 2-6 ●29タラ・ムーア(イギリス)

--------------------

【予選2回戦】

○26青山修子(近藤乳業)7-6(2) 6-1 ●28ネイクザ・ベインズ(オーストラリア)

--------------------

【予選1回戦】

●8桑田寛子(島津製作所)[7] 7-5 3-6 1-6 ○7オルガ・サブチュク(ウクライナ)

○26青山修子(近藤乳業)7-6(5) 6-3 ●25ルクシカ・クンクン(タイ)[4]

     ◇   ◇   ◇

【上位出場選手シード順位(シングルス)】
カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[1/WC]
ジョハナ・コンタ(イギリス)[2]
カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[3]
モニカ・プイグ(プエルトリコ)[4]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月7日(火)0時53分

THE TENNIS DAILY