ここから本文です

モウリーニョが理想とする10番、恩師との接触を認めるも「新たな冒険をする彼を祝福しただけ」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月6日(月)21時0分配信

移籍報道は事実じゃない

マンチェスター・ユナイテッドの新指揮官にジョゼ・モウリーニョが就任したことで一部のメディアが、インテル時代の教え子であるオランダ代表MFウェズレイ・スナイデルが同クラブに移籍するのではないかと報じている。

そんな中、トルコ『FANATIK』のインタビューに応じたスナイデルは、移籍の噂を一蹴した。

「僕とモウリーニョが特別な関係であるのは事実だけど、移籍報道は事実じゃない。たしかにモウリーニョと話はしたけど、僕がユナイテッドへの移籍を希望しているかは別の話。僕はユナイテッドで新たな冒険をするモウリーニョを祝福しただけだよ。今後、何か起きる可能性はあるかもしれないけどね」

スナイデルは現在所属しているガラタサライと2018年まで契約を残しているが、彼がユナイテッドへ移籍することはあるのだろうか。モウリーニョは以前、英メディアの前で理想の10番にスナイデルの名前を挙げているだけに、彼を引き抜く可能性はあるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月6日(月)21時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。