ここから本文です

GLIM SPANKY 【サカスプ】で新曲「怒りをくれよ」初披露! 7/1先行配信決定

Billboard Japan 6月6日(月)14時25分配信

 GLIM SPANKYが、6月4日にZIP-FM主催の名古屋・栄地区で行われた【Eggs presents SAKAE SP-RING 2016】に出演し、映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌に決定した「怒りをくれよ」を初披露した。

ライブ写真一覧

 会場に集まった約1000名のオーディエンスは、突然の「怒りをくれよ」披露に、大熱狂。ライブ終了後ソーシャル上では「めちゃくちゃかっこいい!」「映画主題歌が聴けてうれしかった!」「枠がない音楽を感じた」などなど絶賛の声が上がっていた。

 無事に「怒りをくれよ」ライブ初披露を終え、松尾(vo,g)は「私たちにとっても、お客さんにとっても初めての「怒りをくれよ」ライブ披露だったのですが、初めてにもかかわらずお客さんがすごくノッてくれて、それに背中を押されて届けようという気持ちを一生懸命込めて歌うことができました。」と語り、亀本(g)は「初めての曲っていつも演奏がぎこちなくなるのですが、今日はバシっとギターソロが弾けてよかったです。」とコメント。

 当日は他にも「ワイルド・サイドを行け」「話をしよう」「NEXT ONE」「時代のヒーロー」など、新曲を惜しみなく披露し、最後は定番の名曲「大人になったら」で締めくくった。

 なお、7月1日に「怒りをくれよ」の先行配信が決定。iTunesでは2ndアルバムのプレオーダーも同日スタートする。この夏、是非「怒りをくれよ」を音源でも、映画でも、ライブでも楽しもう。



◎アルバム『Next One』
2016/7/20 RELEASE
[初回盤(CD+DVD)] TYCT-69104 3,700円+税
[通常盤] TYCT-60086 2,700円+税
CD収録内容:映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌「怒りをくれよ」を含めた全10曲収録予定
DVD収録内容:【ワイルド・サイドを行けツアー(2016.4.16恵比寿LIQUID ROOM)】ライブ映像約50分収録予定
CD購入先着特典:「ONE PIECE スペシャル黄金スリーブケース」
※対象外の店舗、サイトもございます。

◎【Next One TOUR 2016】
9月22日(木・祝)長野・CLUB JUNK BOX
9月24日(土)京都・磔磔
9月25日(日)高松・TOONICE
9月30日(金)福岡・the voodoo lounge
10月1日(土)岡山・ペパーランド
10月6日(木)金沢・vanvan V4
10月7日(金)新潟・CLUB RIVERST
10月10日(月・祝)札幌・BESSIE HALL
10月14日(金)仙台・MACANA
10月16日(日)広島・CAVE-BE
10月22日(土)梅田・umeda AKASO
10月28日(金)名古屋・BOTTOM LINE
10月30日(日)新木場・STUDIO COAST
<チケット>
公式サイト先行(抽選):6月1日(水)12:00~6月12日(日)12:00
※詳しくはGLIM SPANKY公式サイトに掲載中
CD封入先行(先着):7月20日(水)12:00~7月31日(日)23:00

◎ワンマン【Velvet Theater 2016】
7月9日(土)東京キネマ倶楽部
OPEN 17:00 / START 18:00
チケット Thank You Sold Out!

◎出演ライブ情報
【HOTSTUFF presents TUMBLING DICE 5】
6月10日(金)恵比寿LIQUIDROOM
【YATSUI FESTIVAL! 2016】
6月18日(土)東京開催
【Live Sparkling supported by ピーチケMusic】
6月22日(水)大阪・梅田クアトロ
【音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016】
8月18日(木)神奈川開催(アコースティック2人編成)
【WORLD HAPPINESS 2016】
8月28日(日)東京開催
【Slow LIVE’16 in 池上本門寺】
9月3日(土)※アコースティック2人編成

最終更新:6月6日(月)14時25分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。