ここから本文です

故モハメド・アリへ多数ミュージシャンも追悼コメント

Billboard Japan 6月6日(月)18時40分配信

 6月3日に元プロボクサーのモハメド・アリが亡くなったことを受け、多くのミュージシャンたちが追悼コメントをソーシャル・メディア他で発表した。

 パブリック・エナミーのチャックD、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、ティム・コマーフォード、ブラッド・ウィルク、サイプレス・ヒルのB=リアルをフィーチャーしたスーパーバンド、プロフェッツ・オブ・レイジ(Prophets of Rage)は3日、ハリウッド・パラディアムでコンサートを行っており、ちょうど1曲目を終えた際に同レジェンド・ボクサーが亡くなったニュースが明らかになった。

 2006年にESPNのドキュメンタリー番組『Ali Rap』でナレーションを務めたチャックDは即座に、その巧みな話術などを話題にあげてアリのことを観客に語りかけた。チャックがステージから「モハメド・アリのために拳をあげて祈ろう」と述べると、オーディエンスは拳を頭上にあげこれに応じた。

 また、ソーシャル・メディア上でも様々なミュージシャンやセレブリティたちが、“偉大な人物”として世界で知られたモハメド・アリに敬意を表している。



ライオネル・リッチー:「あなたはこれからもずっと私のヒーローだ……モハメド・アリ」

スヌープ・ドッグ:「人々のチャンピオン。俺のヒーロー」

DJ・ジャジー・ジェフ:「今夜は涙が止まらない!!! 殻破りな偉人、モハメド・アリよ安らかに!!!」

リンゴ・スター:「モハメド・アリに神のご加護を、彼のご家族全員に愛を」

ロブ・トーマス:「今日の一曲:ザ・グレイテスト/キャット・パワー R.I.P.モハメド・アリ」

LL・クール・J:「モハメド・アリ、あなたが光を照らしてくれたから我々みんな強くいられる。G.O.A.T.(Greatest Of All Time)よ安らかに。愛してます」

ポール・マッカートニー(ウェブサイトにて):「私の愛する人、モハメド・アリ。マイアミで初めて会ったときから、何年も何度会っても素晴らしい人だった。彼は偉大なボクサーである一方、美しく、ポケットからよくトランプを出してはどんな状況でも、みんなにカード・マジックを見せるユーモアのセンスに溢れたジェントルマンでした。世界は真の偉人を失った。ポールより愛を込めて」

ファレル・ウィリアムス:「家族一緒になって座り、あなたの闘いをよく観たものだった。あなたは多くのために闘った。ありがとうチャンプ」

最終更新:6月6日(月)18時40分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。