ここから本文です

『デスノート』、第2の所有者に船越英一郎 最高裁判事がデスノート争奪戦に参戦

クランクイン! 6月6日(月)5時0分配信

 “デスノート”の新たな所有者が発覚した。それは最高裁判所の裁判官、御厨賢一(みくりや・けんいち)。映画『デスノート Light up the NEW world』で、川栄李奈演じる青井さくらに続き、船越英一郎が第2の“デスノート所有者”として御厨賢一を演じることが明らかとなった。

【関連】『デスノート』キラ信奉者、「菅田将暉」フォトギャラリー


 『デスノート Light up the NEW world』は、伝説となった映画『デスノート』の正統な続編として制作される完全新作映画。前作でキラこと夜神月とLとの対決から10年後を舞台に、キラ事件に精通するデスノート対策本部の捜査官・三島(東出昌大)、Lの遺伝子を引き継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)、キラの信奉者のサイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田将暉)らを中心に、6冊のデスノートを求め、それぞれの思惑が絡みあう争奪戦を繰り広げる。
 
 今回、追加キャストとして発表されたのは、その6冊のデスノートの中の1冊を所有する人物、船越演じる御厨賢一。御厨は“日本の裁判所で最高位である最高裁判所”で、限られた者しか任命されない最高裁判事であり、識見が高く法律の素養もある人物。なぜデスノートを手にし、どのような行為に及ぶのか…。静かな恐怖を纏った最高裁判事を、船越がどのように演じるのか注目だ。
 
 『デスノート Light up the NEW world』は10月29日より全国ロードショー。

最終更新:6月6日(月)5時0分

クランクイン!