ここから本文です

6万人がミッキーに歓声 百万石まつり最終日、まちなかパレード

北國新聞社 6月6日(月)3時38分配信

 第65回金沢百万石まつりは最終日の5日、金沢市の国道157号武蔵-香林坊交差点間で、ミッキーマウスなどディズニーの仲間たちによる「加賀百万石まちなかパレード」が繰り広げられた。人気キャラクターを一目見ようと、家族連れやファンら6万人(主催者発表)が沿道に詰めかけ、県都の中心部は沸きに沸いた。

 特別協賛行事の加賀百万石「盆正月」(北國新聞社後援)の一環で行われ、東京ディズニーシーがことし開園15年を迎えるのを記念したスペシャルパレードが披露された。

 ミッキーやミニーマウス、ドナルドダックらは特別仕様の車両「ドリームクルーザーⅢ」などに乗り込み、開園15年のテーマソングに合わせて踊ったり、歓声に手を振って応えたりして愛嬌(あいきょう)を振りまいた。地元のキッズダンスチームのメンバー約40人も加わった。

 盆正月の開催委員会事務局によると、3月に始まった東京ディズニーシーの開園15年を記念したパレードは、港や海にゆかりのある全国15都市を巡っている。金沢は8番目の開催となり、6万人の観衆は、これまでで最多という。

 金沢百万石まつり実行委員会によると、協賛行事を合わせた3~5日の総観客数は69万7千人(前年比6万5千人増)と過去最多となった。

北國新聞社

最終更新:6月6日(月)3時38分

北國新聞社