ここから本文です

津幡町に金メダルを リオ五輪レスリング、川井選手が町長に意欲

北國新聞社 6月6日(月)16時4分配信

 リオデジャネイロ五輪のレスリング女子63キロ級に出場する川井梨紗子選手(津幡町出身、津幡中OG、至学館大)は6日、津幡町役場に矢田富郎町長を訪ね、「体調の面も気持ちの面もすごく順調。金メダルを津幡に持って帰りたい」と意気込みを語った。

 矢田町長は、町で初めてのパブリックビューイングを実施することを紹介し、「町民一丸となって応援したい」と激励した。川井選手は「あらためて五輪で期待されていることを実感した。優勝して地元の津幡の人に喜んでもらいたい」と感謝を示した。母校の太白台小でも児童から激励を受けた。母初江さんが同行した。

北國新聞社

最終更新:6月6日(月)16時4分

北國新聞社