ここから本文です

フィーゴやラウールがOB戦で躍動…レアルがアヤックスに3発快勝

SOCCER KING 6月6日(月)12時19分配信

「コラソン・クラシック・マッチ」が5日、サンティアゴ・ベルナベウ(レアル・マドリードの本拠地)で開催され、レアル・マドリードとアヤックスのOBチームが対戦した。

 レアル・マドリードOBチーム(レアル・マドリード・レジェンズ)は、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏や元スペイン代表DFフェルナンド・イエロ氏、元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏、元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ氏らが先発出場。元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏も初めて出場し、レアル・マドリード公式HPには「最も注目を浴びた選手のうちの1人だった」と紹介されている。

 一方のアヤックスOBチーム(アヤックス・レジェンズ)は、元オランダ代表GKエドヴィン・ファン・デル・サール氏や同DFミハエル・ライツィハー氏、同MFロナルド・デ・ブール氏、同FWマルク・オーフェルマルス氏らが先発メンバーに名を連ねた。

 先制点はアヤックス・レジェンズが奪った。14分、オーフェルマルスのクロスをR・カルロスがクリアすると、ボールはセードルフに当たってゴールへ。レアル・マドリード・レジェンズのオウンゴールでアヤックス・レジェンズが先制に成功した。

 対するレアル・マドリード・レジェンズは27分、フィーゴがゴール前でこぼれ球を押し込んで同点に。さらに31分にはスティーヴ・マクマナマンがフィーゴのクロスに合わせてヘディングシュートを決め、2-1と逆転に成功した。

 両チームが選手交代を繰り返しながらゴールを目指した後半、セードルフがアヤックス・レジェンズ側でプレーし、レアル・マドリード・レジェンズはサンティアゴ・ソラーリらを投入した。後半唯一のゴールは90分、途中出場のエミリオ・ブトラゲーニョがレアル・マドリード・レジェンズの3点目を決め、勝利を決定付けた。試合は3-1で終了し、レアル・マドリード・レジェンズが快勝した。

「コラソン・クラシック・マッチ」はレアル・マドリード財団主催のアフリカ支援イベントで、毎年開催されている。今年で7回目を迎え、今回はヨハン・クライフ氏の追悼も行われた。なお、レアル・マドリード・レジェンズは過去の同大会で、ミランとバイエルン、マンチェスター・U、ユヴェントス、インテル、リヴァプールのOBチームと対戦している。

【スコア】
レアル・マドリード・レジェンズ 3-1 アヤックス・レジェンズ

【得点者】
0-1 14分 オウンゴール(クラレンス・セードルフ、レアル・マドリード・レジェンズ)
1-1 27分 ルイス・フィーゴ(レアル・マドリード・レジェンズ)
2-1 31分 スティーヴ・マクマナマン(レアル・マドリード・レジェンズ)
3-1 90分 エミリオ・ブトラゲーニョ(レアル・マドリード・レジェンズ)

SOCCER KING

最終更新:6月6日(月)12時39分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報