ここから本文です

スウォンジー、MLSのクラブを持つアメリカ人らが新オーナーに就任へ

SOCCER KING 6月6日(月)18時39分配信

 スウォンジーは5日、アメリカ人のジェイソン・レヴィエン氏とスティーブ・カプラン氏が経営権を取得したことを公式HP上で発表した。

 同HPによれば、両者は経営権を握ることになる投資組合のトップで、プレミアリーグ側から数週間以内にオーナーとして正式認可されるという。今後、クラブとオーナーは長期的な成長を目標にクラブを運営していく意向だ。レヴィエン氏はMLS(メジャーリーグサッカー)に属するDCユナイテッドのオーナーも務めているほか、カプラン氏はNBA(アメリカプロバスケットボール)のメンフィス・グリグリーズの副社長に就いており、スポーツクラブの運営の経験が豊富だという。

 なお、現在会長を務めているハウ・ジェンキンス氏も、役員としてクラブにとどまることが同時に発表されている。

 スウォンジーはジェンキンス会長の元、2011年にプレミアリーグに昇格。昨シーズンはクラブ史上最高の8位でシーズンを終えた。今シーズンは序盤戦から苦戦し、ガリー・モンク監督を解任するなど低迷していた。後半戦に持ち直し、12位でシーズンを終えている。

 

SOCCER KING

最終更新:6月6日(月)19時16分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]