ここから本文です

札幌の36歳MF稲本潤一、右ひざ負傷で全治8カ月…今季絶望か

SOCCER KING 6月6日(月)18時0分配信

 北海道コンサドーレ札幌は6日、MF稲本潤一が右ひざ前十字じん帯断裂で全治8カ月と診断されたことを発表した。

 稲本は4日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節のジェフユナイテッド千葉戦に先発出場したが、17分に負傷交代を強いられた。同選手は今シーズン、明治安田生命J2リーグ第16節終了時点で8試合に出場していた。

 稲本は1979年生まれの36歳。ガンバ大阪の下部組織出身で、1997年には当時のリーグ最年少記録となる17歳6カ月でのリーグ戦出場を果たした。年代別の日本代表に名を連ね、1999年のFIFAワールドユース・ナイジェリア大会では準優勝に大きく貢献。2000年にはシドニー・オリンピックに出場した。2001年にアーセナル、2002年にはフルアムにレンタル移籍。同年の日韓ワールドカップにも出場して2ゴールを挙げる活躍を見せた。

 2004年にはウェスト・ブロムウィッチに移籍し、以降はカーディフやガラタサライ、フランクフルト、レンヌとヨーロッパ各国を渡り歩いた。2006年のドイツ・ワールドカップと2010年の南アフリカ・ワールドカップにも出場。2010年に川崎フロンターレに加入してJリーグへ復帰し、2015年からは札幌でプレーしている。

 札幌は明治安田生命J2リーグ第16節終了時点(1試合未消化)で10勝3分け2敗、勝ち点33で首位を快走。次戦は8日、松本山雅FCとのアウェーゲームに臨む。

SOCCER KING

最終更新:6月6日(月)18時29分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]