ここから本文です

[コパ・アメリカ]ウルグアイ国歌斉唱時、チリ国歌が流れて謝罪

ゲキサカ 6月6日(月)13時13分配信

[6.5 コパ・アメリカC組第1節 メキシコ3-1ウルグアイ]

 コパ・アメリカのC組第1節が5日に行われ、メキシコ代表はウルグアイ代表に3-1で勝利した。この試合前、ウルグアイ国歌斉唱時にチリ国歌が流れるアクシデントがあった。

 メキシコ国歌が流れたあと、ウルグアイ国歌が流れてくるかと思いきや、全く違うメロディーが流れた。

 ピッチ上に整列した選手たち。なかには困ったように横目で周囲の様子を伺う選手もいたが、大半の選手は険しい表情のままに前方を見つめ、無言で立ち尽くした。ベンチ前のスタッフたちは憤った様子。アメリカ・アリゾナ州まで駆けつけたウルグアイサポーターたちは、スタンドから大きなブーイングを浴びせていた。

 『ESPN』によると、コパ・アメリカの大会組織委員会はすぐに謝罪文を発表。

「試合前のセレモニーにおいて、人為的ミスにより、間違った国歌を流してしまいました。ウルグアイサッカー協会ならびに代表チーム、国民、ファンの皆様に心から謝罪します。今後、このようはミスが再び起こることのないよう、関係者一丸となり、取り組んで参ります」としている。

最終更新:6月6日(月)13時20分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]