ここから本文です

メモリアル弾でキリン杯制覇だ!岡崎、節目の50ゴールを「取りたい」

ゲキサカ 6月6日(月)20時3分配信

 日本代表は6日、大阪市内で練習を行い、7日のキリン杯決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(吹田S)に向けて最終調整した。右脇腹痛のMF香川真司(ドルトムント)、左膝裏痛のFW本田圭佑(ミラン)はこの日もグラウンドに姿を見せず、宿舎で治療に専念。“両エース”の欠場が確実となる中、FW岡崎慎司(レスター・シティ)は節目の国際Aマッチ通算50ゴール達成に意欲を見せた。

 3日のブルガリア戦(7-2)で前半4分に決めた先制点が代表通算49点目となった岡崎。歴代3位のゴール数を誇るストライカーは区切りの50ゴールに王手をかけ、通算55得点で歴代2位のFW三浦知良(横浜FC)にあと6点まで迫った。

「(通算50点目を)取りたいですね。たくさんの人に応援してもらったシーズンだし、悔しい思いをしたシーズンでもある。最後、いい形で終わらせたい。来シーズンが勝負だと思っているし、自分がさらに上に行くチャンスがあるとも思っている」

 レスター・シティで奇跡のプレミアリーグ制覇を成し遂げながら、「うれしかった気持ちもあるけど、悔しかった気持ちのほうが大きい」と、5得点に終わった個人の成績にまったく満足しなかった岡崎。そのシーズンの“ラストゲーム”を自分のゴールとチームのタイトルという形で締めくくりたい気持ちは強い。

「マインツでは1トップ、シュツットガルトではサイド、今はトップ下と、全部のポジションをやってきた結果、自分はどのタイプにも属さないというか、1トップらしい1トップでもないし、セカンドトップらしいセカンドトップでも、サイドらしいサイドでもない。でも、つかみづらい選手にはなれる。(日本代表で)1トップになったとき、そこで自分らしいプレーを見せることができれば、監督からも周りからも認められると思う」

 さまざまなポジションを経験してきたからこそ、見え始めた自分だけのスタイル。名実ともに日本を代表するストライカーへと成長した岡崎が自らのメモリアルゴールで有終の美を飾るつもりだ。

最終更新:6月6日(月)21時50分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]