ここから本文です

「バイクの排気量が増すように」国内組の意地見せたい槙野、宿舎で本田と香川には…

ゲキサカ 6月6日(月)21時39分配信

 評価を覆すだけのプレーを見せ続けるしかない。日本代表DF槙野智章(浦和)は合宿を通してハリルホジッチ監督から「国内組は厳しいことを言われている」と明かし、「そうやって言われることは歯がゆいけど、事実でもある。ACLの結果もそうだし、監督の見方を変えるだけのプレーをグラウンドで見せないといけない」と力説した。

 ハリルホジッチ監督は5日の公式会見でも「(国内組の)何人かの選手は体脂肪率に問題がある。もしかしたらそれが原因でA代表にいられないかもしれない」「国内組にはまだまだ十分な準備ができていない選手がいる。トレーニングでも彼らは高いインテンシティーに長く付いてこることができない」と話すなど、国内組に厳しいダメ出しをした。

 5月26日のメンバー発表会見では、Jリーグと欧州リーグの比較で「戦う意識やプレースピードにはバイクとフェラーリほどの違いがある」と指摘。槙野はこのときの言葉に自ら触れ、「1年後には変わったと言われるように。バイクの排気量がちょっとずつでも増していけば」と、さらなるレベルアップを誓った。

 7日のキリン杯決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(吹田S)は、負傷を抱えるFW本田圭佑とMF香川真司の2人が欠場する見通し。槙野が「日本代表を長く支えてきた2人が出ないということで、代わりに入る選手が爆発的な結果を残すことが今後、(W杯アジア最終予選を)戦っていくうえでも大事になる」と話すとおり、国内組を含め、普段出場機会の少ない選手の奮起も求められている。

 本田と香川は前日5日に引き続き、この日も練習場に姿を見せず、ホテルで治療に専念した。2人の宿舎での様子を聞かれた槙野は「食事会場では前に本田くん、横に香川くんがいる」と笑顔で明かし、明日の試合が終わればオフに入る2人に対して「(本田)圭佑くんには『ビジネスに力を注ぎ込まないように』、香川くんには『このあとの休みに向けて熱が入らないように』と言っている」と冗談めかして話した。

最終更新:6月6日(月)21時39分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]