ここから本文です

IO、Young Juju、Dony JointのマネージメントをP-VINE x BCDMGが共同で担当

CDジャーナル 6月7日(火)16時47分配信

IO、Young Juju、Dony JointのマネージメントをP-VINE x BCDMGが共同で担当

IO、Young Juju、Dony JointのマネージメントをP-VINE x BCDMGが共同で担当

 フル・アルバム『Soul Long』を2月にリリースしたIO(イオ)、ワンコイン・シングル「The Way」を6月に控えるYoung Juju(ヤング・ジュジュ)、続いてデビューが期待されるDony Joint(ドニー・ジョイント)と、東京・世田谷をベースとするヒップホップ・クルー“KANDYTOWN”に所属する3名のアーティストを、レコード会社「P-VINE」とJASHWON率いるプロデューサー・チーム「BCDMG」が共同でマネージメントすることを発表しました。また、これに伴いオフィシャル・サイト(bcdmg.p-vine.jp)をオープン、新たなヴィジュアルなども公開されています。

 MASS-HOLE(MEDULLA)がプロデュースを担当した、Young Jujuの“プレ・デビュー・シングル”ともなる「The Way」は1,000枚限定プレスで、6月22日(水)よりタワーレコードのみの独占販売。カップリングに収録される、YOUNG JUJUとDIAN(KANDYTOWN)が参加したIO「Check My Ledge feat. YUSHI」のリミックス・ヴァージョンは、6月8日(水)よりiTunesとApple Musicで先行配信されます。

最終更新:6月7日(火)16時47分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。