ここから本文です

【K-1】渡部太基「城戸戦は試金石。でも喰ったらオイシイ」

イーファイト 6月7日(火)22時17分配信

 6月24日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 ~-65kg世界最強決定トーナメント~』にて、スーパーファイト(ワンマッチ)に出場する渡部太基(わたべ・だいき/Golden Globe)の公開練習が6月7日(火)都内にて行われた。

【フォト】公開練習後のインタビューに応える渡部太基

 新生K-1初参戦で注目されているK-1 WORLD MAX 2008日本代表決定トーナメント王者・城戸康裕(谷山ジム)と対戦する渡部。公開練習ではパワフルなパンチと蹴りをミットに打ち込み、ジム内に快音を響かせた。

 仕上がりについて「いい感じですね」と話す渡部。普段は67~68kgで試合を行っている渡部だが、今回の城戸戦はその上の階級の-70kg。4月に-70kgで行われた山崎陽一との一戦では、3Rにパンチでダウンを奪われた末に判定で敗れており、同階級での連敗は避けたいところ。

「4月は久しぶりに-70kgでの試合でしたが、調整も上手く行って、動きとしてはそこまで悪くなかったですね」と振り返る渡部。「倒しに行って倒されたので、後悔は無い」と言う。
 
 しかし渡部は前回の敗戦を踏まえ、現在は-70kg仕様の身体作りに取り組んでいる。「ウェイトとか、キックでも使える筋肉作りをやっています。スクワットをガッツリやるので、早くもデニムが合わなくなってきて、太腿が太くなりましたね」と肉体の変化を実感している渡部。「体重も変わっていないですね。パワーが上がっているのはもちろんですが、(練習では)少しずつ疲れにくくなっているような実感がありますね」と手応えを感じているようだ

 城戸の印象について、渡部は「最近の試合を何試合か見て、頭が良いというか、ずる賢いというか。ガツガツ系でもないし、カウンターを狙うような戦い方ですね」と率直な印象を口にする。

「(-70kgの階級で)日本で一番強い選手だと思うし、その相手とやれるのはファイターとしても嬉しいし、やりがいもあります。世界でも通用する選手だと思うので、今の俺がどのレベルなのか、どのくらい通用するのか、基準になると思います」と、城戸との一戦を自身の試金石と捉えている。

 その上で「知名度もあるし実力もあるので、喰ったらオイシイですね」と話す渡部。虎視眈々と番狂わせを狙う。

最終更新:6月7日(火)22時17分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。