ここから本文です

<日本おもちゃ大賞2016>ライダーベルト返り咲き 妖怪ウォッチからヒット・セールス賞取り返す

まんたんウェブ 6月7日(火)14時57分配信

 日本玩具協会が主催する「日本おもちゃ大賞2016」の授賞式が7日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で行われ、2015年度に最も消費者に支持され、売り場に貢献した玩具に贈られる前年度ヒット・セールス賞に「仮面ライダーゴースト」の「変身ベルト DXゴーストドライバー」(バンダイ)が選ばれた。「仮面ライダー」シリーズの変身ベルトは11~13年度に3年連続で同賞を受賞していたが、14年度は「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」(バンダイ)が受賞。15年度は同賞に返り咲いた。

【写真特集】今年のヒット玩具が続々 復活のベイブレードやハイテク玩具も

 「日本おもちゃ大賞」は、玩具産業の活性化を促進することなどを目的に2008年に創設され、今年で9回目。授賞式では、子どもの知育・教育に貢献したエデュケーショナル・トイ部門、男児向けのボーイズ・トイ部門、女児向けのガールズ・トイ部門、世代や性別を問わず楽しめるコミュニケーション・トイ部門、素材、技術的に優れたイノベイティブ・トイ部門、大人も楽しめるハイターゲット・トイ部門、障害を持つ子供への配慮を評価する共遊玩具部門の7部門の大賞が発表された。

 選考対象となったのは、東京おもちゃショー2016の出展社の商品で、発売中か10月末日までに発売を予定している玩具。今回は42社から310点の応募があった。大賞受賞作は9~12日(一般公開は11、12日)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される東京おもちゃショー2016で展示される。

 ◇日本おもちゃ大賞2016 各部門大賞受賞作品

 ボーイズ・トイ部門:ベイブレード バースト B-34 スターター ビクトリーヴァルキリー.B.V(タカラトミー)

 ガールズ・トイ部門:ラブあみ 基本セット(アガツマ)

 コミュニケーション・トイ部門:Tamagotchi m!x 6種(バンダイ)

 エデュケーショナル・トイ部門:おえかきアーティスト(メガハウス)

 共遊玩具部門:ムニュムニュ ドレミファキャット(タカラトミーアーツ)

 イノベイティブ・トイ部門:プラレール スマホで運転! ダブルカメラドクターイエロー(タカラトミー)

 ハイターゲット・トイ部門:赤外線コントロール潜水艦 サブマリナーカメラ(シー・シー・ピー)

 ヒット・セールス賞:仮面ライダーゴースト 変身ベルト DXゴーストドライバー(バンダイ)

 特別賞;ウルトラマンシリーズ

最終更新:6月7日(火)18時17分

まんたんウェブ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。