ここから本文です

台湾・金門、マラソン大会で地域活性化や観光振興目指す

中央社フォーカス台湾 6月7日(火)14時36分配信

(台北 7日 中央社)台湾海峡に浮かぶ金門県では、来年1月15日に開催される「金門マラソン大会」の準備を進めている。前回大会よりも1000人多い6000人の参加者を受け入れる予定で、関係者らは地域の活性化や観光振興に期待を寄せている。

同大会は来年で10回目の開催となる。地元の酒造会社、金門酒廠も大々的な支援を表明。台湾では国民の健康増進を呼びかけており、陳福海県長は全民参加の運動ムードを作り出したいと意気込んでいる。

県では同大会がすでに金門のスポーツと観光のブランドになっているとし、さらなる知名度向上や同県のアピールにつなげたい考えだ。

(編集:齊藤啓介)

最終更新:6月7日(火)14時36分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。