ここから本文です

土方隆行&渡嘉敷祐一の40周年公演〈激突〉がフィルム・コンサートとなって上演

CDジャーナル 6月7日(火)16時47分配信

土方隆行&渡嘉敷祐一の40周年公演〈激突〉がフィルム・コンサートとなって上演

土方隆行&渡嘉敷祐一の40周年公演〈激突〉がフィルム・コンサートとなって上演

 セッション・ミュージシャンとして多くの著名なアーティストを支え、現在はバンドbonsai.のメンバーとして共に活動する土方隆行(g)と渡嘉敷祐一(ds)が今年2月に開催したプロ・デビュー40周年記念公演〈土方隆行 vs 渡嘉敷祐一“激突”〉。開催当日に“記録用”として撮影していたというその模様を、フィルム・コンサートとして6月19日(日)に東京・代官山 晴れたら空に豆まいてで上演します。

 また、6月28日(火)には〈bonsai. + 越路よう子~夜の赤ペン先生♡~!〉と題し同会場でbonsai.のライヴも決定しており、〈激突〉にも参加していたシンガーの越路よう子ほか、多くのパフォーマーがゲストとしてステージに登場予定、タイトル通りの“大人向け”の内容となるとのこと。

最終更新:6月7日(火)16時47分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。