ここから本文です

コブクロ 80人限定のアルバム『TIMELESS WORLD』視聴会でトーク&ライブ/レポート

エキサイトミュージック 6月7日(火)23時0分配信

 
■コブクロ/【『TIMELESS WORLD』発売記念スペシャル視聴会】イベントレポート
2016.06.07(TUE)at 渋谷・某所
(※画像7点)

【この記事の関連画像をもっと見る】

6月15日に2年半ぶりのオリジナルアルバム『TIMELESS WORLD』をリリースするコブクロが今日7日(火)、アルバムの発売を記念して、自身初の「スペシャル視聴会」を開催した。

ファンクラブ会員から選ばれた80名を招待して行われたイベントは、初の視聴会であることにちなんで、アルバムのTV-SPOT映像の初解禁、アルバム収録曲「STAGE」の初パフォーマンスの他、さらにアルバム制作秘話を小渕健太郎と黒田俊介の二人がファンの目前で語るという、貴重なものとなった。なお、この日の模様はLINE LIVEでも生配信され、視聴数は66万を超えた。



ステージに登場するや、黒田が、メンバー本人を前にして緊張の面持ちのファンに対して、「なんでみんなこんな硬いの? 怒られたん?」と笑わせる。だが、その黒田も緊張していたようで、やたらと小渕の衣装をカッコいいと茶化しては、小渕から、「黒田が俺の服をいじる時はだいたい緊張してる」と暴露される一面も。

そして、ヒット曲「未来」と、本邦初披露となった「STAGE」の2曲を歌唱。幸運にもこの日参加できたファンは、100席ほどの小さな空間で繰り広げられる、贅沢なステージを堪能し、二人の歌声にじっと聞き入っていた。

続けて、PVを織り交ぜつつ、アルバムの制作秘話をコブクロ自身が語りつくすというレアなコーナーに。1曲目の「hana」では、「青春時代の気持ちのスピード感を思い、心の中で支えてくれた人達を思って歌った曲」、「陽だまりの道」では、「休暇でロンドンの布袋さんの家へホームステイして、帰ってきた際に、人生は旅なんだな、と感じた」と小渕は話す。 



3曲目の「奇跡」では、「命を前向きに書きたくて完成した曲」など、それぞれの楽曲に対する思いを語り、最後の「未来」では、「今まで感じていたけれど、言葉にならなかったことがたくさん出てきた曲。そして、アルバムラストの『STAGE』で10年先をパッと
思い浮かべられたのは嬉しかった。ファンの方がいてくれたから、道があった。歌詞にあるように、10年先を思えるのは本当に幸せ」、とファンへの感謝を語った。

本編最後のLINELIVEコメント紹介、質疑応答のコーナーでは、ファンからの「10年後の自分に向けて、どんなことを伝えたいですか」という質問に、黒田は、「パルクールをすごくやりたい! 元々、武術とかが好きなので、暴漢に襲われても対処できるようになりたい!」、小渕は、「フルマラソンをまだ走っていたい。少しずつタイムを縮めていけたら良い」と2人の個性溢れる回答で、ファンは大いに盛り上がった。



エンディングでは、黒田が、事務所の社長のモノマネを織り交ぜながら、「アルバムを聞いてください!」とコミカルにイベントを締めくくり、音楽が心底好きなコブクロらしい、ファンにはたまらない内容となった。

なお、エキサイトミュージックでは、コブクロによるアルバム『TIMELESS WORLD』インタビューを6月14日に掲載予定。楽しみにしていてほしい。

≪リリース情報≫
New Album
『TIMELESS WORLD』
2016.06.15リリース

【初回限定盤】CD+DVD  
WPZL-31195~96 / ¥4,500(税抜)
【通常盤】CD
WPCL-12389 / ¥3,000(税抜)

[収録曲]
1. SUNRISE
2. 未来
3. 何故、旅をするのだろう
4. tOKi meki
5. SNIFF OUT!
6. サイ(レ)ン
7. hana
8. 星が綺麗な夜でした
9. Twilight
10. Tearless
11. 陽だまりの道
12. 42.195km 
13. 奇跡
14. NO PAIN, NO GAIN feat.布袋寅泰
15. STAGE

≪ツアー情報≫
【KOBUKURO LIVE TOUR 2016 supported by Ghana】
2016年8月27日(土)札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2016年8月28日(日)札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2016年9月10日(土)広島グリーンアリーナ
2016年9月11日(日)広島グリーンアリーナ 
2016年9月21日(水)名古屋・日本ガイシホール
2016年9月22日(木・祝)名古屋・日本ガイシホール
2016年10月1日(土)名古屋・日本ガイシホール
2016年10月2日(日)名古屋・日本ガイシホール 
2016年10月8日(土)愛媛・ひめぎんホール・メインホール
2016年10月9日(日)愛媛・ひめぎんホール・メインホール
2016年10月24日(月)日本武道館
2016年10月25日(火)日本武道館
2016年11月2日(水)仙台サンプラザホール
2016年11月3日(木・祝)仙台サンプラザホール
2016年11月9日(水)新潟県民会館
2016年11月10日(木)新潟県民会館
2016年11月19日(土)さいたまスーパーアリーナ
2016年11月20日(日)さいたまスーパーアリーナ
2016年11月26日(土)マリンメッセ福岡 
2016年11月27日(日)マリンメッセ福岡
2016年12月5日(月)宮崎市民文化ホール
2016年12月6日(火)宮崎市民文化ホール
2016年12月17日(土)京セラドーム大阪
2016年12月18日(日)京セラドーム大阪

最終更新:6月8日(水)22時45分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。